書き溜めた記事を貼り付けています。
重複する内容もあると思いますがご容赦ください

ノドからだけじゃなくて、耳が痛い話

耳はなんともないハズなのに、耳が痛くなることが結構あります。

患者さんの訴えは、当然”耳が痛い!”です。

⇒「ノドが痛いと耳までイタイ」の項のように、咽と耳の神経が接近しているところがあります。

このため、咽の炎症から耳に響いた痛みが出ることがあります
唾を飲み込むのも痛いような時は早めに耳鼻科に相談しましょう。

ところで、なぜか、この逆の「耳が痛いと→ノドまで痛みがひびく…」というのは少ないのです。
これは神経の走行に関係があるようです。

それはともかく…

東洋医学の鍼灸で耳の後ろに『翳風』というツボがあります。

『翳風』(えいふう)とよみます

耳たぶの後ろ、を触ってやや下の方で、下あごの骨がふれる、くぼんだ所です。
聴力や、顔面神経の病気の治療に用いられます。

ご存知のように、耳は体中のツボが集まっている、ともいわれます。
「耳ツボダイ○ット…」とかという言葉はみなさん聞いたことが有るでしょう。

この理由のひとつとして、脳から、⇒大事な神経が、12本出ていますが、このうちの多くが、この『翳風』付近に”枝”を出しています。

このため西洋医学的にも、耳以外の痛みが耳に現れる理由が比較的明確な場所だと言えそうです。

これら以外にも、例えば、肩が凝ったり、首が痛かったりするこれらは脳神経の働きとは直接関係ありません。
筋肉や骨の神経同士が信号を受け取りあって、一本の神経から周囲の神経に痛みの信号が広がって伝わり、『翳風』付近に刺激を及ぼし、なんだか耳が痛い…となることが結構有ります

解剖学的にも、かなり複雑な神経の走行がこの付近にはあります。

もちろん、中耳炎、外耳炎、真菌、耳下腺、顔面神経麻痺、ヘルペス、リンパ節など、耳の近隣そのものの原因による痛みも多いです。
硬い耳垢が外耳道や、鼓膜を刺激していることもあります。⇒耳鼻科で耳掃除

耳はよく聞こえるし、患者さん本人としては耳の働きは何ともなさそうなのに、『耳が痛い』というときは、耳以外の周囲から、神経に響いているということも考えられるわけです。

例によって、詳細は医療機関でお尋ねください。

子供の肩こり (2014年9月)

肩こりや、筋肉、骨などに由来する『耳の痛み』は大人の方だけに限りません。

むしろ、子供さんは大人に比べ、筋肉の発達に比べ、頭の大きさは先に大きくなりますので、意外とバランスが悪いといわれる状態で、肩こりや、頭痛の起こりやすい状況です。

残念ながら、昨今は子供さんの運動量が減り、筋肉の発達が乏しく、ゲームや室内で過ごすことが多いなど、筋肉の動きが少ない生活が多いことによると考えられる、頭痛もちの子供さんの割合が増えつつあります。

解決法は難しいことはなく、過度の運動はいけませんが、普通に外で遊んで、走り回ることだけで、十分なのですが、その当たり前のことが、できにくい今日この頃の結果と言えそうです。  

また、新しい年度や新学期を迎えて、急にクラブ活動が増えるなど、環境の急な変化も肩こり、頭痛の一因になります。

『骨』とか『筋』で耳が痛くなる?(2014年9月)

これまでの記事の繰り返しになるかもしれませんが、耳そのものではなく、周囲の組織から耳に痛みが響く事が結構あります。

◎ノドが主な原因の場合は、痛みが飲み込む時に特に痛くなり、耳に響く
◎耳そのもの(外耳・中耳)だと、連続してずっとイタイ(大雑把でゴメンナサイ)等ですが、筋肉や骨格由来だと少し違った症状が多いです。

 具体的には、突然押し寄せる、発作痛と称される痛みです。

たとえば会話をしていると、突然(上記の『翳風』(えいふう)付近が多いのですが…)ズキッとした響く痛みが、この付近に出現します。
痛みそのものは、数秒から、数十秒と長続きしないことが多いのですが、突然出現するので、痛みで一瞬会話が途切れることも有ります

人前でも思わず顔をしかめてしまうこともある、ズクッと刺されるような文字通り神経に触る痛みと言えるでしょう。

これ以外にも痛みは、千差万別、その人によって感じ方は異なるので、来院の際には上記のようなことを中心に、問診によるお尋ねと診察、必要に応じて検査をして、診断をつけてゆくことになります。

Googlej四番に

www を検索 tateishi-ent-cl.com を検索

対応疾患

診療時間日祝
9:00~12:30


14:30~18:00







■・・・16:00~19:30 まで
▲・・・9:00~15:00まで
休診日/木曜午前・土曜午後・日曜日・祝日


スマートフォンサイトはQRコードを読み取ってアクセスしてください。