ポータブルプレイヤー恐るべし

院長の耳はダメですが、音楽は、歌謡曲から、JAZZ、クラシックと色々聞きます。

JAZZといっても、ウッドベースや各パートが独走してゆくような即興性の強いものは付いて行けず。
全体にアコースティック系でメロディーラインのしっかりしたモノが好きなので、と呼ばれる人からは、軟弱といわれそうなカテゴリーが中心です。

それでも子供たちと共有のiTune に入っている、sigur rós を聴きかじったり、突然流れる perfume もOKです。

余談ですが、日本語で『クラシック』と書くと、昔の、とか古めかしい、など少しネガティブなイメージが浮かびがちですが、英語本来の意味は、「一流」や、「最高級」など「トップクラス」である、という意味合いが強い表現です。
野球のWBC(ワールドベースボールクラシック)が良い例かもしれませんね。

先日何気なくiPodのシャッフル に古い普通のデカイヘッドフォンをつけた時。

最初は…あ?ジャックは共通だ?…けど、こんなんで音出るのかな?とただの興味本位。

大きさがえらくアンバランス…でしたが…

知らなかっただけ、だけど、音が出るどころでなく、ものっすごく音が良い…、音量も十分。
これは…と、iTuneから取り込んだのを片っ端ヘッドフォンで聞いてみました。

…「なんということでしょう」…。

音質がすごい!良いも悪いもあけすけに分かる。わたしの駄耳にも分かる!とまさに「耳からウロコ」!の状態でした。

映像処理用にPCをグレードアップしていたことも良かったのでしょうか?

思い込みとは恐ろしいというか恥ずかしいもので、iTune はCD焼き付け専用で、以前のパソコンは明らかに音質が良くなかったので、こんなに小さな箱(iPod)からいい音が出るはずがない、と思い込んでいましたし、ミニジャックを馬鹿にしていました。

確かに、音量の発生にはそれほどのエネルギーを必要としません
ジェット機の大爆音も、豆電球+アルファ位のエネルギーで到達可能です。
小さな箱から、大音量が出るのは知っていたつもりでした。

しかし、”良い音”の「発生」には理由があるのです。

パソコン(iPodも)メーカーはデータの脱落の多寡がPCのパフォーマンスに直結するため、あらゆるデータをおろそかにせず、音楽も、純粋にデータとして厳密に扱って記録再生を行っているためデータの“脱落”が少なく、結果、音楽のクオリティーも高くなります。
いつの間にか?iTuneの、取り込みの設定もAACは128kbpsから256kbps(iTune Plus)へとグレードアップしていました。

対していわゆる通常のCDプレイヤーはというと、データとしてはそこそこ入っているのに、音楽をデジタル信号として取り出し、音へ変換する過程に問題があるというか、音質のクオリティーそのものを上げることにあまり腐心してこなかったツケが、「CDの音はイマイチ…」という反応に出てきているのではないかと言われています。

この辺りのネガティブなことはCDプレイヤーを作っているメーカーは決して言わないので、いつの間にかデジタルオーディオプレイヤーの優位性が顕著になってしまったようです。改めて音を聞いて得心がゆく感じでした。

元々ダイナミックレンジ96dB 再生周波数20~20000Hzと制限があり、原音に対して窮屈だと言われていたCDのスペックに様々な悪弊が加わっているというわけです。

打破すべく、SACDが出るもののソフトの高価格とハードの普及が進まず、ネット上では、ハイレゾ音源の配信が始まっていますので、今後は面白いとは言いつつ、アナログ(アナクロ)人間のわたしには、辛い(対応が難しい)時代でしょうか。

2015年  2月 ウォークマン NW-ZX1 

良い音を狙ったと言うフレーズに弱い院長はソニーのZX1を購入しました。

Mac系(iPod)の音、そもそものコンセプトが好きなのですが、ハイレゾへの対応が現在今一つなので、ソニーを選択しました。

139gの本体、院長の第一印象は、音がいいのは勿論でしょうが…重いなぁ、でした。

今はスマホもこんなもんだよと、しかし院長はスマホもってないのと、iPodシャッフルがあまりに軽かったので、重さのギャップに戸惑ってます。

…で、加えて、電池もたねー、が実感。
通常音質での再生ならば、フロントのUSB(A端子)に接続して、充電しながら、音楽再生ができますが、後方のハイレゾ再生用の端子はTypeBで、音楽再生中は、充電がされません。

またハイレゾ再生は電気をかなり”食う”らしく、一時間程度の再生でバッテリーは4割位減ってしまいます。
つまり、通常のCDを2枚ほど再生すれば、電池残量はかなり怪しくなることになります。

通常のヘッドフォン使用ですと、音量最大にして、7~8時間位持つ感じでしょうか。

再生時に、ハイレゾ使用可の専用のクレードルを使用すれば、充電しながら再生できますが、価格が一万五千円位します。
クレードルの接続は当然AC電源接続の追加が必要など、”余計な”デバイスの接続が必要になります。

連続再生の代償でしょうが、不確定要素の増加は”シンプル命”?の院長には「?」印でもあります。
                                                          2015‐02‐22

…で、現在2016年8月ですが、既にZX1は新しいバージョンに更新され、またダメ耳院長の、長い旅路は振り出しに戻るのか?

2015-02-02  ウォークマン NW-ZX1 と UDA1

ウォークマンZX1は容量の大きなハイレゾ対応品でもあります。

持って歩くのは、院長にはやっぱりちょっと重たいです。
画面が有るのは嬉しいですが、スマホ音痴の院長には、使いやすいかどうかがわかりません。
音質はヘッドフォン通せば、128kbpsまで極端に下げなければiPodとあまり違いが分かりません。

元々、シャッフルがヘッドフォンであまりにいい音だったので、通常のオーディオシステムでポータブルプレーヤーを使って、スピーカから音を出して再生してみたいとずーっと思ってたこともあります。

院長のこれまでオーディオシステムでは、色々と自信がなかったのですが、非常に優秀なスピーカーが手に入りましたので、是非試してみたいと、ソニーのZX1購入したわけです。
128GBで、価格も7万とそこそこですが、ipodの160GBでも6万くらいしますから、メモリー代と判断できなくもないですね。

接続するのは、同じメーカーを当てたかったのでソニーのDAコンバーター内臓アンプのUDA-1価格4万位を選択しました。

最大の興味は、ハイレゾがどれくらいホントにすごいのかを、外部スピーカーで確認したい、なのですが、一足飛びには無理かな?
前面のUSBは”通常”の音源接続用です。
ハイレゾは後面のUSB入力が対応してますが、”ご丁寧”にZX1は接続ケーブルの追加が必要で連続再生には上記のようにクレードルの増設が必要です。

これまで目にした、ハイレゾの音質関連の記事は読んだだけでは、エッ?という疑問符付きコメントが多いのですが、こればっかりは分かりません。
”臨床家”を本分としたい院長、は”現場命”ですので、経験しないことをどうのこうの言ってはいけないと思います。

…しかしもたもたしているうちに、2016年UDA-1は残ってますが、ご多分に漏れず、PCオーディオの進化は著しく、安定的な音を求める院長の、苦闘?は続きます。

ご興味あればコチラ⇒ PS Audio DAC

ちょっと寄り道 ① ハイレゾのファイル大きすぎじゃないの?

iTuneでCDを取り込むときにはMP3やAACをよく使いますよね。

聴覚的に損失が気づかれないレベル、で256kbps位からがお勧めでしょうか。

「KIND OF BLUE」だと、MP3やAACの256kbpsでファイルの大きさはトータルで77.5MBになりました。
対してハイレゾは、FLAC使って、2.9GBの容量が必要です。
WAV規格だと更に倍くらい?

ファイルの大きさ比較すれば、FLACでも軽くAAC(256kbps)に比べて30倍以上です。

正直この容量はべらぼうに巨大に感じますが、院長だけ?
レーベル見るとウーン?的なモノ(これをわざわざハイレゾで聴く?)も沢山売ってるような気がしますが、ハイレゾ普及の最大の難点は、ソフトよりもこのファイルの大きさじゃないかと勝手な心配してしまいます。

ちなみに価格は「KIND OF BLUE」Blue-spec通常 CD2500円、ハイレゾダウンロードは2600円でした。
この楽曲を選んだ理由は、単純に通常CDを持っていたから比較出来るとおもったからです。

まあ、あとは超有名版、まさに”伝説”のアルバムです。
録音はちょっと古い1959年、原音の優秀さを祈るところです。

⇒CDとハイレゾの聴き比べレポートはこちら

院長のユニット構成の実力やいかに…

ハイレゾはどうなんだ、という前…

最初はUDA-1の”実力”確認、スピーカー再生時に、同じ音源を使って以下の三つに差がないか?

○LINEからの元になる、CD音源再生
○USBからのAAC(非可逆性圧縮音源)入力再生
○USBからのFLAC(非損失音源だけどハイレゾではない)入力再生

ウォークマンの通常音源は、写真のように前面のUSB端子に繋ぎます。
後ろにUSBのB端子の接続口が有り、PCやハイレゾはこちらを使いますが、ZX1は直接B端子に接続するケーブルが無いので、途中に短いケーブルをオプションで追加する必要が有ります。

ちょっと、ハイレゾに対して、ソニーの姿勢にちぐはぐな感じを受けるところです。

LINE入力からは少し古いですがDENON DCDS10ⅡでCD再生行います。
LINE出力も有りますが、DA出力をダイレクトに取り出す専用ですので、UDA1をDAコンバーターとして利用可能です。
前面から「Media Go」で取り込んだ同じソフトを、AAC256kbps、とFLAC1411kbpsで再生しました。
※FLACを選んだ理由は、「Media Go」にはAAC、MP3、FLAC の3つしか規格がないからです。
※※ホントは使い慣れたiTuneのソフトを使いたかったのですが、ハイレゾモードが無いので残念(ソフトが別にいるので断念)。

機器のスイッチ切り替えが素早いので、いい比較が出来ましたが、結論は、差が「わかりません」(笑)です。

LINE入力の音と、USB入力の音は音圧レベル含めて、気味悪いほどに同じに聞こえました。
同じ音源だから、当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが、この”差が無い”という事は、結構すごい事だと思います。
院長的にはUDA1、ZX1の忠実な再生の”実力”に驚いたというのが第一印象です。

出力23WのUDA1は、聴き比べのボリュームは”3時”くらいまで行きますが、頑張って良い音を出してくれます。
CDプレーヤーのDENON DCDS10Ⅱは癖が無く、汎用機としてはCDの古き良き時代の一時期を飾るにふさわしい堅実な作りの銘機と思っておりましたが、今回もなおその性能はゆるぎなしと思われました…でもそろそろ寿命?
スピーカーは音工房Z Z800-FW168HR 以上ユニット構成はシンプルですね。

…ところで

一般に不可逆圧縮音源(AAC MP3)もビットレートが256kbpsを超せば、ヒトの聴覚では原音との差は感じられないと考えられます。

少なくとも院長は手持ちのオーディオユニットで、CD、圧縮、非圧縮、その差は聴いて(大きくは)わかりませんでした。

アンプを変えれば、セッティングを変えれば、違いが分かるはずだといわれるかもしれませんが、セッティングを変えると、接続、メーカーの違いなど、色々な意味でのバイアスがかかったり、違う要素が加わることになりますので今回は出来るだけシンプルに比較したつもりです。

…ですが、上述のように差が認められるCDもいくつか有りました。
正直、何枚か、あれ?というのが有ったのですが、理由も分からんので試聴から外して、詳しくは今回は触れません。
特に1980年代のCDで、何枚かはPCに取り込んだ音は高域等が明らかに変わってしまい、CD原盤再生時とは異なる音となりました。

理由は分かりませんが、院長の”リファレンス”CDだったりして、ちょっとショックです。

デジタルでやり取りしてるはずなのに、なんで?だれか理由分かりません?

⇒CDとハイレゾの聴き比べレポートはこちら

ちょっと寄り道 ② ソニーさん、ハイレゾの販促頑張って!?

それにしても、ハイレゾのファイルの大きさはこのままでいいのかと…再び…。

オマケに、ハイレゾ導入には●対応機種の購入、●高速通信(あった方が良い)環境が必要なわけですね。

ところで、通常のCDのデータ量が、約700MB入ってて、AACやMP3で圧縮して約10分の1のファイル量に出来るわけですね。
重要なのは、この1/10の圧縮では、人間は音質の劣化を感じないという事です。

一方、ハイレゾのFLACが従来のCD一枚位の楽曲で約3GBと30倍位、になるわけですが、WAVだと更に倍位?と、どー考えてもデカすぎる?
メモリーの容量は低価格化が進んでますが、データの読み書きでは、ネット上で、スピードが極端に上がったとは考えられないことも多いです。
今後も一回毎に扱うデータ量は、音楽に限らず少ないに越したことはないと思いますが、もちろん音質が劣化しては元も子もない…。

せめて、ハイレゾの音源が、圧縮されて、音質劣化なしに、元のCD位のデータ量に収まり、規格も一緒にならんかな?
そうなれば、再び”CDプレーヤー”が売れるのでは?

ブルーレイ規格のスペックでは既にハイレゾなやり取りが可能な機種があります。
ソニーがハイレゾやりだしたからには、そんなことは既に考えていることとは思いますが、マニア向けだけでなく、マーケット戦略(生き残り策)としてはいいと思うけどなー。                                            2015-02-07

Googlej四番に

www を検索 tateishi-ent-cl.com を検索

対応疾患

診療時間日祝
9:00~12:30


14:30~18:00







■・・・16:00~19:30 まで
▲・・・9:00~15:00まで
休診日/木曜午前・土曜午後・日曜日・祝日


スマートフォンサイトはQRコードを読み取ってアクセスしてください。