麻酔な日々

   院長は耳鼻科医でも、突然麻酔科になったりもします。

2014年 McGRATH MAC ビデオ喉頭鏡

「麻酔人」に人気の『McGRATH MAC』ビデオ喉頭鏡。

もちろん興味対象外の人はスルーして下さい。

これは結構なスグレモノです。数多ないわゆるビデオ喉頭鏡という範疇の商品の中では、価格も含めて、院長にはトータルのスコアでかなり高い点数と思われました。

(今回は他の商品についてはあえて触れません【笑】)

実売で、20万程度、ブレードは2番から4番まで用意されています。ディスポで、一本900円、7月には、”更なる”挿管困難症対応のブレードもでます。挿管困難症例時の頼りになる一本になりそうです。

まず、いきなりですが画面の見え方は、可もなく不可もなしです、逆に言えば許せる見え方は必要十分に備えているので、(価格的に)絶妙のセッティング、と言えるかもしれません。


挿管するには、必要十分の画質でしょうか。

院長は耳鼻科医でもありますが、魚骨などの異物を取る際には、ちょっと。分解能が劣るようですから、細かい骨などは無理でしょう。

電池寿命は250分。画面右下に残り使用可能時間が、1分単位で表示されます。電池一個オマケ付きでした。

直視での挿管にも対応、ブレードの”嵩”がやや高いので、メタルのブレードに比して、やや開口が大きくなります。

写真のように、一見ブレードがかなり湾曲しているように見えますが、これはブレードの手元側のカーブがあるためです。
先端側は意外と(?)オーソドックなカーブで、いわゆるデザイン処理で、そう見えるようです。

ブレード自体の形状はよく、先端の処理など喉に優しい形です。

本体はラバー樹脂で、持った瞬間頼りない?ような感じで、軽いです。
手になじむ形状ですが、表面はやや滑りやすい材質です。

デザインは、秀逸ですね。人が釣れるデザイン!会社の名前も「Aircraft Medical 」ですもんね。
本体はリジッド。画面も完全に折りたたむことはできませんが、全体が小さいので、携帯には苦労しません。
大きな携帯ケースが付属していますが、実用的ではないので、これまでのケースを流用しています。
既存の折りたたみの、マッキントッシュが入るケースに、なぜか予備のブレードとともにすっぽり収まりました。

電池を外して含浸消毒が可能ですが、通常の使用では、ブレードのカバー効果が高いので本体が汚れることは少なそうです。

ブレードは、ポリカーボネイト製で、ディスポ。とても綺麗なクオリティの高い作りです。
ブレードのパッケージに、「EOガス滅菌済」の表示があるので、再滅菌する人がいるかも(^O^)、ただしポリカーボネイトは、消毒を反復すると、全体に微妙なクラックが入って、突然の破断があるので、当然おすすめしません。

ブレードは10本単位で購入、2番は小児用、3番一般用(日本人用?)で汎用性が高いです。4番でかい人用?
各ブレードのサイズ差は小さいです。
上にも書いたように、ブレードの嵩がやや高いので、特に小児に大きめのブレードを使うと、開口が厳しく感じるかもしれません。

LEDだから?スイッチはタイムラグがあって、点灯、消灯します。
スイッチは、カチッという節度には乏しく、さらには深く押し込む必要があるのですが、誤用を防ぐためでしょうか、消し忘れ対策にはちょっと気になるところでもあります。

通常使いならば、当然、通常のマッキントッシュでの挿管がやりやすいと感じる患者さん、Dr.もいると思います。特に小児は口が小さいため薄いブレードを好む人も多いでしょう。

勿論麻酔に限らず、万能な「魔法の杖」は無いので、わたしも、日頃から様々な選択肢を増やす工夫をしたいです。

…で、口のあきにくい場合は…

開口が難しい、症例(幼児)に、使う機会がありましたので簡単に報告します。

結論から言うと、予想通り、開口の難しい症例には慎重な適用が求められそうです。

上記のように、ブレードの嵩の高さは、メリットになりません。
(※強いて言えば、自発呼吸が有れば、エアウェイ替わりになるでしょうか…ウーン、チョットくるしいな…)

素材が、ポリカーボネートなので、簡単に折損はしないと思いますが、ブレードに割合い歯が簡単に食い込んで、微妙な修正には”こじる”ような余分な力が必要になり、なんとなく歯が心配です。

また、修正に際して、ブレードが大げさに言えばグニャリとねじれる嫌な感じが伝わります。

万一、噛まれた場合は、文字通り抜き差しならない状況に、陥るかもしれませんので、特に、年齢に関わらず意識下挿管への適応は慎重であるべきかもしれません。

2014-7-17 McGrath® X blade™

時には医者らしい話題です。

更なる挿管困難症の為?にMcGrath MAC 用 X blade™ が販売になりました。
5月の横浜の日本麻酔学会では、まだ、デモの商品でした。

   挿管チューブのガイド目安の黄色いラインが特徴。

サイズは一サイズのみ。

長さは、下の、通常の3番のブレードより長いのですが、曲率が強いので短く感じます。
分かりにくいですけど、全体に軽いつや消し処置がしてあります。

    アルミ蒸着のパッケージの裏面は、簡単な取説付き

コストの話を先にすれば、ノーマルのブレードは、原価1000円弱、 X blade™は3000円位、納入価は少し下がるでしょうか?もちろんディスポ使用が前提です。まあ、もともとのクオリティーが高いとは思いますが…。3倍差は少し大きいかもしれません。

※メーカーさんに高額な理由を聞いたら、出る本数が少ないからとの事ですが…

”賞味期限”がちょっと短い?一年しかない。

※2015年5月時点の情報ではこの”賞味期限”は『3年』に延長されているそうです。

当然ですが取説通りに使うかは、経験と慣れによります。

カーブがきつい分、慣れるまで、頚部の屈曲ができにくいひと、開口が厳しい人、巨舌気味のひとは、口腔内から奥へのブレードの挿入時に、かえってやりづらく感じるかもしれません。
ン?それって、挿管困難症気味の人たちのこと?…だよね…。

湾曲が強いため挿入すれば喉頭の確認は容易ですが、通常の症例への使用でのメリットは明確になりにくいでしょう。

開口が少な目、の患者さんの場合、挿管する際には、取扱説明書通りに本体に沿わせるように、きっちりとスタイレットを曲げておかないと、チューブの先端が喉頭の後ろに逃げてしまうので、ここが重要なポイントと言えば、言えるかもしれません。

※販売元のCOVIDIENから、スタイレット付きの挿管チューブが販売されていますが使い勝手はどうでしょうか?

…まあ、元々普段使いの使い勝手がよいアイテムなので、もう少し慣れるまでさらなる使いこなしが必要ですね。

救急セット

PVP グリーンライトレーザー

Googlej四番に

www を検索 tateishi-ent-cl.com を検索

対応疾患

診療時間日祝
9:00~12:30


14:30~18:00







■・・・16:00~19:30 まで
▲・・・9:00~15:00まで
休診日/木曜午前・土曜午後・日曜日・祝日


スマートフォンサイトはQRコードを読み取ってアクセスしてください。