風邪とアルコール

風邪や体調の悪い時に、アルコール類を飲んではいけません。

身も蓋も有りませんが結論は明解です。

多少の体調の悪さなら、飲んでも構いませんという、記述を見かけます。
風邪の時に少量ならば、良い効果をもたらします、という記載もしばしば目につきます。

全くの誤解で、体調の悪い時、病気の時のアルコールは身体に良い影響を及ぼしません。

『酒は百薬の長』は健常者のみ!!

特に風邪のような感染症の場合アルコールの摂取は、厳に慎むべきです。

理由は簡単!『症状が悪化する』からです。

「消毒」と称して、飲むことが有ると思いますが、厄介なことに、飲んだ時は神経が麻痺して、軽くなったような気がしますが、気のせいです。
必ず、リバウンドが来てひどい目にあいます。

アルコール(エチルアルコール)は、「日本薬局方」という日本で使用されているお薬の本に載っているれっきとした医薬品の一つです。

薬理作用は単純明快「あらゆる生体活動を抑制する」ことにつきます。

●精神活動を抑制する、
●運動活動を抑制する、
●免疫活動を抑制する
と、生体にはすべて抑制に働きます。

寒い夜に、酒を飲んだ人が、道端で凍死してしまうのは、生き残るために大事な生体活動まで抑えてしまった結果です。

酒を飲んで暴れるやつがいるじゃないか、興奮作用が有るんじゃないのか?と言われますが、違います。

これは暴れてはいけない、人に迷惑をかけてはいけない、または、我慢しなきゃ!というような社会秩序などに関する脳の活動の高級な(人間らしい)作用が先に抑えられることによって、より原始的な(動物的な)働きが一時的に強く顔を出すことによります。

酒を飲むと、気が大きくなる、怖いもの知らずになる、のはこの高級な、より人間らしい感覚が先に”抑制”されるためです。

更に酒を飲ませれば当然、原始的な獣性も寝てしまいます。

…ということでアルコールに興奮作用は有りません。

じゃあ、玉子酒が風邪に良いというのはどうなんだ、という質問があるでしょう。

本来の玉子酒のレシピは、日本酒を煮切る(アルコール分を飛ばし切る)ことにより、栄養分である、アミノ酸などの、身体が消耗したときに有用なエキスだけを濃縮して、これに卵を加えて、患者の滋養強壮に用いることが目的です。

玉子酒は決してアルコール摂取が目的ではありませんので、ご注意を。

薬とアルコール

お酒とアルコールを一緒に飲むと薬は効きすぎるか、効きが”おかしく”なります。

前述のように、アルコールは立派な医薬品ですので、ほかのお薬と併用すれば、効果に変調を来たします。

飲む量も半端じゃないですよね、通常のクスリだと、mg、μg、の量ですが、アルコールは、100cc、リットルの単位なので、純粋なアルコール量に換算しても、g,100gとざっと100倍、千倍の量を飲むことになります。

胃散やビタミン剤程度の薬はともかく、降圧剤、抗凝固剤や血小板凝集抑制剤(いわゆる血液サラサラ薬)、眠剤、向精神薬、消炎剤などは、効きすぎると、誇張ではなく、致命的な結果になりかねません

血圧の薬、などは、効かないは効かないで、大変な状況になりかねません。

マイルドな表現ではいけませんので、明確な記載をすれば、お酒とアルコールの併用はダメです

薬剤師の先生方の関連のHPでは、ややマイルドな表現が多いのですが、ズバッとしたものもありますネ。

ここは当然、お薬と、アルコールの併用はダメですと、きっぱりと書いておくべきでしょう。

最近の動物実験で、「アルコールを少量飲んだ、サルの方が、ワクチンの効果が良かった」というものが有りますが、これも、”健康なサル”に”適量な”アルコールが投与されたことが、”幸いした”結果と判定され、ちゃんと”過量投与”した群には『悪い結果』がでてますので、ご注意ください。

これから先は、”医療”だけじゃなく、”読み物”として、ご覧下さいね。

飲酒と記憶

憂さ晴らしにアルコールを飲むことが有るかもしれません。
皆さんもご経験があるでしょう。

嫌なことがあった…、「忘れてしまいたい」から酒を飲みに行こう。

有りがちなシチュエーションですが、”記憶”という面からは残念ながら不正解です。

アルコールは『飲酒”後”の記憶は怪しくなる』傾向が有りますが、『飲酒”前”の記憶はよく保たれる』という事実が分かっています。

お酒を飲んでも、飲む前の嫌な記憶は消えません。

最悪、飲む前の嫌なことはすべて覚えていて、飲んだ後の悲惨な状況や醜態は忘れている…
わが身を振り返れば思い当たるような…。

純粋にお酒を飲むことを楽しみに行くだけならいいのですが、嫌な出来事を忘れたいからと、飲みに行くのはかえって悪そうです。

自己嫌悪が増すだけかも…。

酒は百薬の長?…ではないというお話

これを書くと友達なくすかもしれませんが、医者として辛いところです。

「人と人との潤滑剤」、「百薬の長」、かとおもえば「キチガイ水」これだけ上げたり、下げたりの表現をされるモノも珍しいかもしれません。

ただし、薬との併用のように医学的見地からは、アルコールは決定的に分が悪いですね。

理由は簡単、特に体調のすぐれない人に、アルコールは良い作用をもたらすことが無いからです。

医者は、人の病気を扱う仕事ですので、医者サイドから、病気の人のアルコール飲用に擁護的な発言が出ることは、まず有りません。

ホスピスのように、残り少ない人生を悔いを残さず有意義に過ごす手段としては別ですが…。

「…潤滑剤」「百薬の長… 」という表現は、心身ともに健康な方(医者が必要無い人)が、ルールに沿って、程よくたしなんだ場合にのみ使用可能なフレーズです。

そもそも万一、人の身体に、決定的に良い作用をもたらすモノであるならば、自動車運転に際してこれだけの「飲酒運転撲滅キャンペーン」をするはずがありません。

社会サイド(医者だけではありませんよ)からのアルコールに対する基本的な視線は、脱法ハーブに対するそれとほとんど変わりありません。

違いは”脱法”かそうでないか、これにつきます。
そして法律で”保護”しているのは”国”です。

国に莫大な収入をもたらしてくれる、”優良児”を国が手放すはずがないのは、タバコや公営ギャンブルと一緒の構図ですね。

タバコに至っては、明らかな『発がん物質』を”国”が売っているのですから、医者から見れば、ある意味救いがたいのですけれど…。

…で、人にとって『酒』とは『悪い友達』である。

段々、話がめんどくさくなってきましたが(笑)

院長は別に個人的に酒に恨みがあるわけではありません。

このホームページは、”一応医者”が運営してます。
医療サイドから、病気の方へのアルコールは擁護できる内容が無い事が明確である、というだけです。

アルコールについて、割合、簡単な”定義”が有ります。

『アルコール』とはヒトにとって、とても仲の良い、タチの悪い”悪友”である。
(※『アルコール』は、『タバコ』や『ギャンブル』に置き換え可能です)

分かりやすいでしょう?「タチの悪い”悪友”」です。

たとえば、社会的、個人的な害を強調すればするほど、抑止効果が認められるものに”事故”が有ります。
交通事故がいかに悲惨なことであるか「事故は怖いです!」と強調して伝えれば伝えるほど、交通事故は減ります。
シンプルでストレートな啓蒙に明らかな抑止効果が有るのです。

対して、薬物や、アルコールは、そのマイナス面を強調すればするほど、改善がみられるかというと、そうはいきません。

アルコールに嗜好性のある人はシンプルにアルコールのマイナス面を強調されると(心の奥底で)反発する傾向があります。
これは割合シンプルで理解可能な反応です。
どんなにヤクザな悪い友達でも、仲の良い友達の悪口を周りから、延々聞かされると、反発したくなるものです。

どんなに悪い旦那に苦しめられていても、「じゃあそんなヤクザな旦那とは別れたら?」と周囲から散々言われたら、彼女はひとこと言うかもしれません。
”あのひとも実はそんなにわるい人じゃないの、私も悪かったの…”

閑話休題…

アルコール、タバコ、ギャンブルに共通するのは、依存性(中毒)ですが、この辺りに『依存』の本質の難しさが有ります。

Googlej四番に

www を検索 tateishi-ent-cl.com を検索

対応疾患

診療時間日祝
9:00~12:30


14:30~18:00







■・・・16:00~19:30 まで
▲・・・9:00~15:00まで
休診日/木曜午前・土曜午後・日曜日・祝日


スマートフォンサイトはQRコードを読み取ってアクセスしてください。