風邪と扁桃炎

ノドと扁桃

風邪という病気の定義がはっきりしていませんので、風邪と扁桃炎を(患者さんが納得できるように)しっかり区別して表現、説明することは簡単ではありません。

以下はあくまで一般的な表現をもとにしています。

  • 「風邪」というのは、ウイルスによる上気道炎を指すことがほとんどです。
  • 「扁桃炎」というのは、細菌による口蓋扁桃への感染症を指すことが多いです。
    ※ざっくりと話をしないと、一般の方は理解が難しいと思います。
    院長の記載には、しばしば医学的でない表現が見受けられるかもしれませんが、ご勘弁ください。

”扁桃”と呼ばれる組織は図の青いところで示されるたくさんの部分、パーツですが、通常、口をあけて直接見えるのは、口蓋扁桃、咽頭側索、咽頭後壁リンパ小節です。

特に存在感大きく目につくのが両脇の”口蓋扁桃”で、一般にはこれを『扁桃腺』と呼びます。

扁桃の中では最も大きく、周囲を「被膜」と呼ばれる”殻”に覆われています。

「扁桃腺」は細菌に対しての抵抗組織として働くことが多いですが、ウイルスに感染して、腫脹が長引くことも有ります。3か月以内に炎症所見が改善するものを急性扁桃炎、これを越えて長期に炎症を継続するものを慢性扁桃炎と称します。

リンパは咽のほとんどあらゆるところに表在して、身体を細菌やウイルスから守ってくれているのですが時々、防御がまにあわず、腫れてしまい身体に影響を及ぼします。

お時間有れば ⇒ノドが痛いと耳までイタイ もご覧ください

風邪の咽の痛みと主な経過

一般的な風邪の咽の痛みは、軽症のうちは非常に”うっとうしい痛み”とでも表現されるでしょうか。

しばしば、食事は比較的楽に食べることが出来るのに、じっとしているとき、しゃべっているとき、つばをのんだ時の方が痛いことが多いです。

症状は、じわじわと変化してゆき、大きく体の調子を崩すというより、2~3日ごとに少しづつ症状が変わって行きます、咽が痛いと思っていたら、鼻水がでてきた、次に色のついた鼻水から、今度は痰が出る,咳が出ると、徐々に変化してゆきます

多くは一週間くらいで、ピークを迎えその後は徐々に改善に向かいます。
発熱は38度くらいまではよく出ます。此れも最初の一週間くらいが出やすい期間です。

トータルでの病気の期間は2週間くらいを要することが普通です。

副鼻腔炎や気管支炎、中耳炎などを併発した場合は、多少病気の期間の延長が懸念されます。

治療は対症療法と呼ばれ、症状を軽くすることが主になります。

熱が出たら熱さまし、咳が出たら咳止め、鼻水が出たら鼻水止め、ときつい症状を和らげながら、治るまでの期間をしのぎます。

残念ながら、治癒までの期間を短くする治療法が有りませんので、体力と症状をにらみながらの治療になります。

…おまけ

風邪の引き始めや、治りの時期には漢方薬が有効なことが有ります。
小児科さんでも、積極的に漢方を処方するところがあります。

漢方の麻黄(マオウ)にはタミフルと同等の抗ウイルス作用があったと報じられたことが有ります。
漢方がいわゆるインフルエンザの初期に明らかな効果を示す症例が有ります。

確かにタミフルのもととなる原料の主なものは中華の調味料の一つ「八角」ですから、生薬侮り難しといったところでしょうか。

扁桃炎のノドの痛みと主な経過

詳細は⇒ノドが痛いと耳まで痛い も一緒にご覧ください。

扁桃炎(急性扁桃炎)の痛みは、痛みだけでいうと、風邪の痛みの数ランク上のきつい痛みです。

両方の口蓋扁桃(扁桃腺)は丸々と腫れて、表面に膿が付き黄白色になります。

水はもちろん、食事も食べたくなく、つばを飲むのもうっとうしくなります。

発熱は38度を越して、関節痛、全身痛が出現して、あたかもインフルエンザを疑わせます。

咽の所見など、症状が典型的にそろえば診断は難しくないのですが、風邪と、扁桃炎の境界のような病状を示すことも少なくありませんのでこれらの症状はあくまでも目安としてください。

典型的な(細菌による)扁桃炎は、抗生剤がよく効きますので、炎症の経過は数日の事が多いです。
問題としては、あまり扁桃炎にならない大人の方が”なってしまった”というときは体力的に厳しい結果ゆえのことがありますので、再発や治療が中途半端になることによるなどの”慢性化”が要注意です。

風邪のウイルス

風邪を引き起こすウイルスは、数百種に上ります。
きちっと分類され、分かっているだけで、この数ですから、未知のものを加えるとその総数は、想像がつきません。

ウイルスにはそれぞれ、くっつくのが好きな場所が有ります。
逆の表現をすればくっついた(好きな)場所以外に侵略することがあまりありません

ライノウイルス、やエンテロウイルスという風邪の代表的なウイルスが有ります。
”ライノ…”というのは『鼻』という意味で、鼻風邪のウイルスです。
鼻の粘膜に最初にくっつき、鼻症状で人を苦しめます。
”エンテロ…”というのは『腸』という意味ですが、最初にここにくっついて、風邪症状を起こしてゆくというわけです。

したがって、ウイルスによって最初の症状はくっついた場所で、なんとなく違って当たり前のはずですが、なんだか風邪ってその人によって同じような感じで始まってくることがおおいですよね。

RSウイルスのように、検査キットで診断がつくものも有りますが、外来レベルではほとんどのウイルスの同定は不可能で、症状も類似な経過をたどることが多いものですから「風邪症候群」にひっくるめられることになります。

…で

一般的な風邪のウイルスは、上記のようにターゲットとする臓器が「上気道」と特定されており、症状もマイルドに進行することが普通です。

これに対して、インフルエンザウイルスはターゲットの臓器が、「上気道にとどまらず広範囲」なので、全身がやられて症状が激しくでます
このため、インフルエンザは風邪では有りません!…一般的な風邪とは違う疾患として考えられるわけです。

Googlej四番に

www を検索 tateishi-ent-cl.com を検索

対応疾患

診療時間日祝
9:00~12:30


14:30~18:00







■・・・16:00~19:30 まで
▲・・・9:00~15:00まで
休診日/木曜午前・土曜午後・日曜日・祝日


スマートフォンサイトはQRコードを読み取ってアクセスしてください。