Z701Modena-BHBSmini(音工房Z)バージョン1

※ここで紹介しているのは、Z701の初期バージョンです。

注文していた、音工房Zさんの、Z701Modena-BHBSmini (以下Z701)が届きました。大山さんありがとうございます。

院長はこれまで自分で組み立てるスピーカーなどは経験なかったのですが、約一年前に大山さんのHPの記事にいたく感動してそれ以来ファンになりました。

そんなこんなで、音工房Zさんのスピーカーはこれで三台目です。
…なんでスピーカー3台も?…理由(言い訳)は後ほど致します(汗)。
もちろん、ファンだからと言って、院長は”臨床家”で現場命ですのでバイアスかけて聴いたりはしません(笑)。

”初号機”がZ800でしたので、院長の耳も鍛えられました。
その後 Z601を経て、今回のZ701というわけです。
ユニットは8cmの一発なので、構成、部材は一見比較的シンプルです。

これまでの経緯はこちら ⇒ オーディオ関連 他 ご興味あればご覧ください。
⇒Z701Modena試聴 の記事。

…で”箱”は…チョット開けてビックリ!

※ここの”斜め切り”は新しいバージョンでは、切込みが入って、組み立てやすく改良されているようです。

…なんと、斜め切りが何か所も…。

院長はいきなりビビりました。

素人に、斜め切りの部材の組み立ては結構なプレッシャーなのです。

正直、これまでいい思い出が有りません(泣)

意を決して…、仮組でパーツ確認の後、使いこなし、テキストに沿ってタイトボンドをつけて、テープで仮固定。
粘着力が強くなる半乾き状態を待ちます。
(時間で10分くらいでしょうか…)

はみ出したボンドを、固まったかな?と爪でひっかきながら、すでに祈る気持…(苦笑)

ボンドが半乾きの状態になるのをまって、(乾き過ぎもダメ)インパクトドライバーでビス(32mm)を打ち、本格的な固定をします。

ビスを打つ前に、ドリル(Φ2mm)で下穴をあけておくと固定がスムーズにいくようです。

チョット注意!

ポイント:ビスを打つ前に必ずボンドが半乾きになるのを待つ!→焦って打つと、インパクトドライバーの強大な力で接着面がズレます。
      ⇒院長が経験しましたので、間違いありません(汗)

ポイント長さの似た部材が有りますので(5mmしか違わない)、念には念をいれて確認しましょう
      ⇒院長が間違えましたので、…以下同文…

上記は、大山さんの組み立て、取説にちゃんと書いて下さっていることです。

院長は、仮組しても間違えたので、救いようが有りませんが、ひとのいう事はちゃんと聞きましょう!
皆さんも気を付けましょう!!…あ、院長だけ?


取りあえず斜め部材の組み付け終了。

ここで一日経過。

斜め部分はトータル6か所ですね。

正直、"労作”ですが、やはり部材のカットの正確さには驚かされます。

指示通り組んで行くと、なんだかそれらしく(失礼)出来てゆくではありませんか。
こんな院長が組んでもそれが分かるという…。

※内部の組み立て写真は割愛します。ご了承くださいね。

…で、内部を組み立ててビックリ。精度がちゃんと出てる!
斜めの部材を組んだ音道も1mmと違わず組みあがっています。

1mmも違ったんですか?ってゆわないでね。院長にしてみれば、驚異的な出来栄えで、それは決して”腕”の問題ではなくひとえに”素材”のお蔭としか考えられないのです。

何度も書いてますが、カッティングの精度は半端じゃないです。

…その分ミスにはシビアです…(冷汗)

”箱”はもうすぐ完成。

ここまでで、二日経過。

今回から、”推奨”のタイトボンドを使用したためか、作業がスムーズだったような気がします。
あ、もちろん、”普通”の木工ボンドでも十分良く組み立て可能ですよ。要は慣れの問題と思います。

ユニットは単発ですので、Z601で経験した通り、ショートに注意してテープを貼って、ユニットをキズ付けないように、慎重に組み付けます。

やったー、完成!
ここまでで、三日経過。

⇒Z601Modena(上) との比較です。

ユニットは共通、総重量はZ701 一個7.5㎏、Z601で4㎏位。

これから、楽しみな初音出しと、その後慣らしを数日行って、聴感のレポートはまた後程したいと思います。

ボードの素材が違いますので、色が異なりますね。

突板を貼ったりユニット交換などはまた後の機会に…。

使用工具など…

…ところで

今回使用した、ほぼすべての工具です。
これ以外に音工房Zさんのクランプ(下記)は以前から使用していますが、今回特に購入したのは、”高価”なインパクトドライバーでした。

Z601の組み立て時には不要でしたが、今回は斜め部材の固定(ねじ止め)と、穴あけに活躍しました。
ホームセンターで一万数千円程度、以前の機材が十数年働いて、とうとうダウンしましたので、買い替えました。
タイトボンドだけは通販じゃないと手に入りませんが、院長はこれまで”普通”~に普通の木工ボンドを使ってました(笑)。
大量には使わないので、九州では送料が高いと思えてしまうのが玉にキズですが、今回”思い切って!”購入しました。

ドリルはΦ2mmの一本、木ねじは32mm、釘は#15×32を今回は使用しました。
ラチェットレンチはクランプの着脱用、普通のスパナでもちろん可でしょう。

正直、われながら少ない工具でできるもんだなー、と改めて変なところで感心したものです。
今回の作業は二畳程度のスペースで、床には図のように段ボールを貼って保護しましたのでキズの心配もありませんでした。

皆さんも機会ありましたら、コスパのめっちゃ高い、自作スピーカー、どうぞチャレンジしてください。

器材 一覧表

自分の備忘録として、使った機材を書き出しました。あくまで院長の作業に関してですので、ご参考までに。
上の写真、左からの配置です。家のどこかに有りそうなものばかりでしょう?

  • 金槌
  • 釘(#15×32)
  • 木ネジ(32mm)
  • ハサミ
  • カッター(あまり出番なし、配線剥き?)
  • タイトボンド(木工ボンド)
  • 使い古し歯ブラシ(ボンド伸ばし用)

  • ハンダゴテ・ハンダ
  • 錐(位置決め用)
  • インパクトドライバー・ビット
  • ドリル(Φ2mm)
  • 配線剥き用ニッパ(カッターでも可?)
  • 絶縁テープ
  • ラチェットレンチ(クランプ締め付け用)

  • 鉛筆・定規
     以上に加えて…
  • 仮固定用テープ 
  • 音工房Zさんのクランプ
    ※下記、「おまけ」参照
  • トリマー(突板貼りその他に)

おまけ…

音工房Zさんのクランプは、部材が10本一組で販売されていますが、可能ならば2セット購入したいものです。(院長は音工房Zさんの回し者では有りません、念のために(笑))

クランプは2本で一組ですので、10本で5つのクランプが出来ますが、”箱”一個に対して、院長は3つのクランプを使用しています。(小型には2つで良いよ!という人もいるでしょうか?)
すなわち、”せっかち”な自分の製作ペースでは計6個のクランプが作業効率上望ましいのです。
それにこれまで、下手な使用で、既に何本かのクランプを折ってしまいました。

折損を避けるにはビス等による補強よりも、上の写真のように出来るだけ”箱”に近いところで締め付けるなどの、クランプの特性を理解した配慮が肝要と思えました。

院長は最初のスピーカーを作った時点で、”あ、これでもうクランプいらねー?”と、一時なったのですが、地獄?にはまりそうです…(笑)。

スピーカーのクオリティーの高さにより、”嫁入り先”が有りそうなのです(押し売り)。

院長的には、機能、サイズ、デザインと価格も、Z601‐Modenaは、人にお勧めするには、ほぼ万能なクオリティーを満たしていると思えます。

あ、ここはZ701の欄だったっけ?…ということで、他機種との比較は今後に続きます。

Zシリーズの「作りやすさ比較」は⇒コチラにもちょっと書きました。

Googlej四番に

www を検索 tateishi-ent-cl.com を検索

対応疾患

診療時間日祝
9:00~12:30


14:30~18:00







■・・・16:00~19:30 まで
▲・・・9:00~15:00まで
休診日/木曜午前・土曜午後・日曜日・祝日


スマートフォンサイトはQRコードを読み取ってアクセスしてください。