立石医院・吸入器三年目(2015年8月)

日本電熱のジェネレーター(K007)を使用した、吸入器を導入して2015年8月現在、ノーメンテで3年経過、作動が不安定になってきましたので、修理とオーバーホールを兼ねて新しい機械と入れ替えをしました。

元々、ジェネレーターを導入するにあたってメーカーから、付属の軟水器は3か月ごとのフィルター交換をしてくれ、という注文がありました。
安全対策はかなりのオーバースペック(笑)ですが、軟水器に関してはデータが少なく、3か月はあまりに短いので、いけるところまで行って、作動があやしくなるまで動かして、その時に対処すると言う院長の方針で、導入3年目に”その時”は来ました。

行くところまで行かないと(壊れないと?)分からないだろう!?という、おおざっぱな院長の性格が表れていますね。

…勿論、コンセント一つで元の吸入器はいつでも使用できるように、スタンバッていましたよ(言い訳)

シンクの下に軟水器を設置して、水道から直接ジェネレーターに給水する方式です。

画面左下が比較の1Lのペットボトルですが、軟水器のサイズは色々パターンがあるそうです。
考えてみれば、もっともなことです。

とにかくやってみてどうなるのか、ダメなところまで行ってみよう!
というのが、今回の軟水化に対しての院長のプランでした。

世間では『ノープラン』または『考えなし!』と言われそうですが、ある意味究極の使い方での”寿命”が出たように思います。

当たり前の事です、フィルターは何年も持ちません。
これからは軟水化を定期的にチェックするために、取水の配管を増設して、試薬を手配してもらいました。

ご覧のフィルターで、優に万単位の金額は必要ですから、サイクルは長い方が、今後導入を考えておられる医療機関さんの懐にも、やさしいのですから、当然『考え有って』のことです(笑)。

測り方は至極簡単。

汲んだ水に試薬を一滴加えて、色の変化を見ます。
左が水道水、右が軟水化された水で、一目瞭然。

そうです…、たった月に一度のこの簡単な動作が、大事な器械を守ってくれるのです…。

日本電熱さんから、修理、オーバーホールの詳細なレポートが来て、不調の原因は予想通りでした。

「軟水化不良による、”湯垢”の付着による作動不良」と結論付けられました。

その他の動作関連は異常なく、清掃と意外なほどの最小限の関連部品の交換で、修理とオーバーホールは済んだようです。

ただ、本体交換後に多少の問題も残りました。
なんだかトータルの吸入圧が安定しなくなり、時に安全弁が作動するようになりました。

ジェネレーターから、⇒減圧弁⇒ゲージ⇒逃し弁(安全弁)と中途でいくつかの安全装置も設置していたのですが、青の減圧弁にも異常が発生していたようです。
吸入器へはごく少ない圧供給で十分なので、水垢などの、ごく小さなトラブルでも影響してしまったようです。

吸入器本体にも安全弁が付いてますし、実際の診療には問題なく、合計4か所の安全装置のためでしょうか、しばらくはトラブルが出現していた事すら気づかず、当システムの安全性が証明されました!?

…で、減圧弁交換で、当院の吸入器は更に、完全に元通りの作動状態を回復しました。

今回の結論は不調は人為的なもの(軟水化に注意を払わなかった院長の怠慢)であって、システム自体は問題なし

これから、新しい五年(五年器械が壊れずに保てば良いだろうという院長の勝手なモノサシ)が始まります。

さて、その後多少の動きが有りましたので、別ページ『吸入器の今後・プロトの吸入器』でご報告します。

…で、立石医院・吸入器4年目(2016年11月)

日本電熱が、蒸気吸入器を作り始めて何か月が経つでしょう…。

曲りなりに、院長は自分なりのシステムを持っておりますので喫緊の課題ではありませんが、正直そうでない先生方はかなりやきもきされているのではないでしょうか?

年内の進展は今のところ院長まではなかなか伝わってきませんのですが、いい経過を祈るのみです。

先日はメーリングリストで、開業医の先生方の意見を頂戴したのですが、先生方からは、”蒸気吸入器”期待している!という要望というか激励の連絡もいただいて、必要性と責任(公にした)も感じました。

期待だけさせて、ダメだったじゃ洒落にならんのですけど…。
イヤ本当、頼りにしてますよ、日本電熱さん…。

毎月のチェックをしていましたが、軟水化用のフィルターの寿命が来ました。

中途から採水して、試薬でチェックしますが、青が軟水化成功の証です。
分かりにくいですが底の青の手前コップの水全体がほんのり赤くなっています。

正直この程度でしたらまだまだ大丈夫と、判定したいところですが、辛目に評価して交換時期とします。

昨年の8月に設置分ですので都合14ヶ月経過ですが、当初メーカーの使用状況(水量)からの見積もりが”寿命3か月”でした。
経験上(何の?)それは無いだろう!と『臨床家』を自認する院長は現場重視ですので、取水弁を設置してもらい毎月チェックすることを進言、実行致しました(笑)
フィルターの価格が、一万数千円といったとこですので、ランニングコストが少し減りうれしいです(笑)
当院の使用状況は、一日7時間の診療時間中は吸入器のスイッチは入れっぱなしで、常に使用可能(蒸気吐出可能)状況。

…ま、院長は忘れっぽいので、一年を区切りとしたいところです。
アバウトに見積もって、年200日診療したと概算して7×200=1400時間位がフィルターの寿命とするところでしょうか。

⇒ご興味ある方はこちら『吸入器の今後・プロトの吸入器』

Googlej四番に

www を検索 tateishi-ent-cl.com を検索

対応疾患

診療時間日祝
9:00~12:30


14:30~18:00







■・・・16:00~19:30 まで
▲・・・9:00~15:00まで
休診日/木曜午前・土曜午後・日曜日・祝日


スマートフォンサイトはQRコードを読み取ってアクセスしてください。