Nmode XPW1

Nmode のアンプはハイスピード、ハイレスポンスですと言われていて、聴いてみて、ああこれがそういうことなのだ…、とオーディオ感が少し変わった院長。

最初に購入したXPM2Fは素晴らしい音質と相まって、扱いに少し神経質な特性を持っていて、院長の所為でへそを曲げてしまいました…。

機器の接続の着脱は必ず電源オフで!の但し書きがあり、心がけていたつもりですが、それでもたぶん取扱いの問題なのでしょう。

音が出なくなって、急きょ入院…。

修理は可能です!の心強い言葉ですが、色々とお話を聞いて『XPW1 SE』を追加で購入することとしました。

サブ機の扱いではありませんが、写真のように L580 と比較するとずいぶん小さい。

3㎏を切りますので、重量で言えばL580 の 10分の1以下。

大丈夫かいな…?

重厚長大ファンでなくても、どこからともなく声が聞こえてきそうな採用?

DAコンバーターと比較してもこのサイズ。

…ってか、NuWAVE DSDがデカいのかな?

比較でアンプの上に載っけているのが、ウォークマンのクレードルですので、隙間に置いておけば、PCのテーブルトップのオーディオです、といって、ふん…、と鼻で笑われそうなサイズですが、これが侮れない!
XPM2Fに比較すると、ほんの少し、中音域の充実を、より感じるつくりですが、時にそれは”生っぽさ”として感じられます。
Z800との組み合わせで院長の経験上、更に未体験の音を聞かせてくれました。
私の目標とする、”リアルさ”に近づく何かを感じさせてくれる予感です。
もっとも驚いたのは、音源の集束感です。

何気なく、ヘッドフォンで音質をチェックしていたところ、ヘッドフォンで聞くよりもスピーカー再生のほうが”点”収縮に感じられるソースが有る!

にわかには信じがたく、そんな馬鹿な、と思いましたが院長の感覚ではそのように感じられます。

ヘッドフォンはオーディオテクニカのAD-1000なので少し年代は経ってますが、オープンエアタイプで結構院長信頼の音と思ってますが、一瞬ヘッドフォンへの信頼感を疑う出来事に思えました。

似たような経験された方おられますか?

Googlej四番に

www を検索 tateishi-ent-cl.com を検索

対応疾患

診療時間日祝
9:00~12:30


14:30~18:00







■・・・16:00~19:30 まで
▲・・・9:00~15:00まで
休診日/木曜午前・土曜午後・日曜日・祝日


スマートフォンサイトはQRコードを読み取ってアクセスしてください。