Z800-FW168HR 使いこなし

院長なりに色々使って、鳴らしてみて「リファレンス音質」であることをつくづく実感させられるZ800 。

「リファレンス音質」という再現性は、なんなのだと?聞かれれば、おぼつかない考えながら、『入れられた音がそのまんま出てくる』特性だと答えます。
速い音は速く、緩い音は緩く、冷たい音は冷たく、温かい音は温かく、小さい音は小さく、大きい音は大きく。

ある時、プロがリファレンスとする音源で、音楽ソースのこのパートを聞いてみてください、といわれて…にわかに信じがたし、演奏そのものではなく演奏の周囲に滲んだように存在する足踏みの音が、どのように演奏にまとわりつくかまでを聞いて、オーディオの状態、並びに録音状態を把握して、システム全体の評価につなげるというディスカッションを目の当たりにします。
”売ること”を目的にしている、文字通り”玄人さん”の目標は、単純に楽しんで聞くわれわれとは根っこが違うと思い知りますが、自分レベルは音楽が心地よければ、「音」「楽」しければ”音楽”それで良し!(笑)

しかし、このようなシビアに緻密に狙った複雑な音響でも、Z800は苦も無く表現します(…と思います)
打てば響くを地で行く、ハイパフォーマンスなスピーカーです。

音質のカギを握るのは、やはり2㎏を優に超えるツィーターT250D(…と思います)

しかし、この重量級のツィーターを良好にドライブするには、アンプの重要さを避けては通れないようです。

T250Dはツィーターでありながら、許容入力が150W(ウーファーのFW168HRが100W)という、院長にすればツイーターという概念からは、かけ離れたモノ。

では、単にパワーの大きなアンプであれば良好な再生が出来るかというと、どうもそうではないようです。
良好な再生にアンプに強く必要とされる要素はパワーを併せ持ったスピード
この重いツィーターを上手く鳴らすコツは瞬間的に大きな容量をツィーターに叩き込んでやれる事。
制動力も大事で、収束の良くない”緩い”アンプだとでキレのいい高音が出ずに、スーパーツィータの追加が有効になります。

 XPW1-SE、XPM2F で鳴らしてみて、二機種とも同じ会社のデジアンでありながら、中高音域の”おさまり”がだいぶ異なっていて、アッテネータ、スーパーツィーターの追加で好みの音に調整していました。

もちろん、結果、まずまず良好なドライブは得られるのですが、音楽ソース等によって、思い通りでない再生音に感じる事が有り、時にはCDごとに微調整が必要でしたが、音を"聴く”とはそんなものである…と使いこなしている感覚は嫌いではありませんでした

そんなあるとき、Nmodeのデジタルアンプの上位機種を聞く機会があって…おやっ?

何も付け加えずに低い音から高い音まで、ソース毎に調節不要に、万遍なくあるがままに、忠実に音楽が再生される感覚を実感しました。

音源は通常CD、PS AUDIOのCDトランスポートに、DACは『NuWAVE DSD』、そしてアンプは、Nmodeの最上位機種 『X-PM100』でした。

写真のように院長には眩しい X-PM100
入力は5系統あり、後部のスイッチ切り替えでパワーアンプとしても使用可能。

出力はNmode各機種ほぼ横並びの”わずか”10数ワット、サンプリング周波数はXPM2Fよりやや少ない20MHzながら、電源部の強化でシリーズ最大の瞬発力と制動力を得て、 重さはそれでも15㎏。

実際鳴らしてみると、Z800 と相性が好いと感じていたスーパーツィーターの存在の必要性が希薄になります。
更にZ800の特徴と思っていた中音域の充実が、Z800単体の再生で高い音から低い音まで、リニアに万遍なく再生される感覚に置き換わり、「リファレンス音質」である、ということをより感じるようになった次第です。
ウーン、ここまで違うとは…。


高音質 VS 低音質? 2017.3

Donald Fagen 『Night Fly』

伝説的なアルバムで、これをリファレンスとする、音のプロの方が多いとは聞きますが、本当なのか直接話などをお聞きしたことはありません。(皮肉などではなく、伝聞証拠なのでそう書くしかないのです。)

80年代の録音として優秀と思いますが、特別に良い出来なのかは院長にはよくわかりません(笑)
リファレンス(日本語訳:参照、院長訳;モノサシ)として使え、と言われればやぶさかではありませんが、この辺の事は院長の耳が駄耳なだけなので、お読み捨て下さった方がいいと思います。

個人的には自分の”リファレンス”は、自分の耳で苦労して探すのが”楽しい”ように思えます。

個々人のリファレンスそのものは結構大事で、繰り返し聞いて、音質を頭に叩き込んでおくと、自分なりの音楽の”世界”が広がります。
リファレンスする際のチェック項目は、意外とたくさん有ると思いますが、みなさん無意識にやっていることでしょう。
高音、低音、定位、位相、キレ、空間表現 etc 、そして何より大事なのはその”音源”が好きであること。

この際、問題にならないというか、良いがいいに決まってますが割合順位が低いのが”高音質で有るか否か…”と思います。

院長はCDを256kbpsでウォークマンにダウンロードした音源を聴きこみによく使います。

取り扱いが簡単だからもありますが、そんな”低品位”のソフトを…というそしりは甘んじて頂戴します。

…敢えて告白すれば、CDなど上位音源から256kbps位でウォークマンにダウンロードして、DAC介して再生した状況では、オリジナル(CD等)との差が院長には、特に音楽ソフトによっては、なかなか分かりません。

優良録音は”気合い入れれば”高域や音の粒立ちに差異を感じますが、CDによっては、聞き分ける自信がしばしば損なわれます。
それは耳が悪いんだろうという指摘は、重々承知の上で甘受いたします。

音楽CDのデータをPCにAACの256kbpsで落とし込んで、MediaGoを使ってダウンロードする際、CD一枚、一時間程度の楽曲ならば、わずか10秒ほどでウォークマンへのコピーは完了します。

データ量はオリジナルの十分の一程度ですのでそんなものでしょうか。

ミュージシャンの全霊込めた渾身の演奏も、一曲⇒わずか一秒!位でコピペ…、楽曲へのリスペクトとは…。

悔しい?ことに、そんなサラッとコピーされた容量の音楽が、スピーカーから相当に妙なる音として表出されますので、何とも複雑な気持ち…。
あるHPで、オリジナルからスケールダウンする際、音楽がどれほどの情報を失うかを、試聴できるサイトが有りましたが、”オリジナル”が”失った”音を聞いていて、何とも申し訳ない気持ちがしたものですが…。

『Nuwave DSD』は入力を瞬時に切り替えることが出来るので、音源の比較は間髪を置かずに可能ですが、結構気合い入れないとアレ?ッと…
簡単に聞き分けの出来る方から、敢えて駄耳のそしりは受けますが、50代も後半…高域と細かな粒立ちが違うような気がするが、自信が無いないものは自信がないと、開き直る事と致します。(笑)

…あ、ハイレゾと通常CDとでは明らかに音質が異なっているソフトをいくつか体験しましたが、これは明らかに音がモディファイされていると聴取されるモノでしたので、このようなソフトは対象にしていません。

今回は、高音質なオリジナル音源が、ダウンスケーリングでコピーされたものと、比較して”あまりよくは”分からないものが結構あった、という告白ですので申し添えます。

Googlej四番に

www を検索 tateishi-ent-cl.com を検索

対応疾患

診療時間日祝
9:00~12:30


14:30~18:00







■・・・16:00~19:30 まで
▲・・・9:00~15:00まで
休診日/木曜午前・土曜午後・日曜日・祝日


スマートフォンサイトはQRコードを読み取ってアクセスしてください。