Nmode XPM100-SEとウォークマン

書こうか書くまいか…、ダメ耳の院長にこんな高級機をどうこう言う資格は、無いでしょう。

これを読んだ方には、だまされた!と迷惑をかけるのではないか…、

と言いつつ、院長のリファレンスシステム、アンプはNmode XPM100-SE。

”SE”は吉田苑さんのチューニングモデルの証、スペシャルエディションの頭文字位かな?
院長は掘り出し物(中古)を世話していただいて、”SE”にチューンアップしてもらいました。

チューニングの詳細は院長にはよく理解できませんが、そんなことではいけないのでしょうが、まずお勧めとしてやっていただいたものを、そのまんま受け止めたうえで、先入観をできるだけ入れずにどのような音なのかを、自分なりのシステムで可能な限り真っ新(さら)な、ダメ耳で判断する。
信頼のおけるお店で購入した際は、そんな感じで評価するようには、しています。

当方のリファレンススピーカー、Z800ーFW168HRには、XPM100の以前には、XPW1-SE, XPM2F等を使用していました。
XPM2Fはサンプリング周波数はXPM100以上で素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれていましたが、弱点が無いわけではありませんでした。

パワフルな強音の続く部位ではスピーカーによっては息つきを感じることが有ったのです。

トランスの大きさなど電源供給能力の関係かと、試しにXPM100をつないでみて、音を出した時には少なからず驚きました。
音楽ソースによる高域のばらつき感が少なくなり、小音量から大音量まで同じような音感のバランスで再生してくれる感覚が増しました。
アンプもさることながら、あらためてZ800がすごいスピーカーであるということを併せて認識させるに十分な感覚でした。

…で、

アンプとスピーカーは決まって、再生音源にはどんなものが良いのかということには、知識の甚だ少ない院長には結構大変。

PS AUDIOのPWT(パーフェクトウェーブトランスポート)がお店の試聴の際の推奨機(リファレンス)でしたので、思い切って再生機として採用してみましたが、確かに悪くないけど、なんだかピンとこない…、既に何を言っているのだ!と…。
音は素晴らしい、語彙の少ない院長ですが、マイルドなそれでいて緻密な再生に聞こえます。
アコースティック系の院長はワンポイントマイクのシンプルな録音をよく聞きます。
演奏者の立ち位置から前後の関係まで、編集で途中からポジションの違う録音になったとか…。
演奏に息遣いまで感じられる(…ような気がする)秀逸な再生能力と思います。

しかしこれまた中古で頂きましたが、ホント文句言ったら、罰があたるパフォーマンスの機種ですよね。

院長は自分は何でもやってみたがりな、くせに”単能機”が好きです。
SOULENOTEのC-1は通常のCD再生のみ、の単能機としてとっても気に入っている一品。
切れのいい、気持ちの良い明瞭な再生をしてくれます。
音質も潔よいスペック同様、キリッとしていて、院長には言うことありません。

音質とパワーのバランスゆえか、XPM2Fと、Z1000-FE108solとの相性が抜群に思えます。
このあたりは、各人の好みですので開き直ることといたします(笑)

…で、これが結構いい音だ!と通常音源としての地位を固めつつあるのは下記のAUDIO DEVICE SONY WALKMAN です(笑)

以上、いきなりウォークマンに決めたわけではなくて、いくつかのソースを検討したうえでの選択ですとの前ふりでした。

ZX1、もう売ってませんね。
クレードル使ってるので、電源コードが付いたりチョット無粋な感じ。

ダウンロードはflac形式でやってますので一応ハイレゾ相当ですが、なーんだ、と思う人もいるでしょうが、なかなかどうして、そんなあなたに聴かせたいほど、侮れない(笑)

PS AUDIO NuWAVE DSD。
これまた2015年に出たのに生産終了の話をききます。
機能を使い切っているわけでは全然ありませんが、非常に素直な再生能力を見せてくれるハイコストパフォーマンスな機種。

じゃあ、選択に至った基準は何なのだ、と言われると第一に 気持ちよさ と答えます。
ここまで引っ張って”気持ち良さ”?いやほんとに音もすごく気持ちよく、聴いてるとボーっとするんですよ。
確かにヘッドフォンで聴いているとZX1は音が前方に集まった感じがして、気合い入れて聴き比べるとスピーカ―再生時には、PWTやC1に比較して解像度や音の奥行感などが幾分物足りないというような差は感じ取れるかもしれません。

しかし院長の試聴環境では、手狭なスペースで大きめのBGMとして流しておくという、あたかも巨大ヘッドフォン?。
こんな使い方では、上述の欠点をものともしない、あらゆる方面に、きわめて気分の良い贅沢な(そりゃそうだ?)音質です。
多くの曲を管理できるという使い勝手も良く、これが一番の利点ということもいえるかもしれませんね。
気に入った音楽を高品質(Flac、最近の機種はWAVも)で放り込んでおけば、いや256kbpsで入れていても気合入れて聞かない限り、環境音楽として鳴らす分には相当な高音質と思います。

PCオーディオはどうなんだというと、現在ではハイレゾもかすむほど?相当な高音質のソフトが出ていますが、周辺機器が多すぎて無理!
日進月歩なんてものではない、もはや『朝令暮改』意味が全然ちがうけど、昨日素晴らしいと言っていたものが今日はごみ箱行きになりかねない。

…で、肝心のアンプはどうかと…

デジタルアンプはとかく”速さ””レスポンス”位相”などとスペック的な意味合いが喧伝され云々されることが多いのですが、XPM100(…に限らず、Nmodeの機種全般?)はそれらを当然、万遍なく備えているわけです、いやだからこそでしょう、これまたとにかく気持ちの良い音に感じます。

トータルでじゃあ、どんな音なのかを院長の貧相な語彙で表現してくれと言われれば、スイマセン到底無理です(笑)。

システムトータルとしても、かなりハイパフォーマンスなのに構えず聴けて(も一回;いやだからこそ)違和感がない高音質に感じる、と言えるのではないでしょうか。
粒子がキメ細かい、音離れが良い、シャープだ、深み、切れ味、色付けのなさや、立体感、滑らかさなど、雑誌に踊る具体的のようで陳腐な褒め言葉、これらは至極当然のモノとしてクリアしているからこそ、ではないでしょうか。

現在のところ音量に左右されず、院長のショボイ試聴環境でも、ポータブルオーディプレーヤーでも、小音量から、中音、そして大音量まで万遍なく、当たり前のように気持ちの良い音響空間を作ってくれています…というのが精いっぱい。
なにもかも当たり前であるように済ませてしまう、ああそれが、スゴイというやつなのでしょうか?

月並みかもしれませんが、スピーカーの存在を忘れる状況がしばしばあります。
これだけのハイパフォーマンスでしかも、単なる再生能力の高さだけでなく心地よさを両立させて、余すことなく音楽を再生する能力を発揮するには、システムのバランスのどこかが破たんしていたら気になって、上手くゆかないのではないかと思います。

部屋の関係上、大音量の交響楽、オーケストラは多少無理っぽいですが、アコースティック系、声楽、器楽、アンビエントな曲から、比較的音量の大きな中編成まで院長の好きなソースではあまり苦手なものが見当たらない。

…いつか理想的な環境で鳴らしてあげたいものです…。

                                                            2017.11.1


Googlej四番に

www を検索 tateishi-ent-cl.com を検索

対応疾患

診療時間日祝
9:00~12:30


14:30~18:00







■・・・16:00~19:30 まで
▲・・・9:00~15:00まで
休診日/木曜午前・土曜午後・日曜日・祝日


スマートフォンサイトはQRコードを読み取ってアクセスしてください。