当院のご案内

ご案内

開院は明治時代からと歴史がありますが、平成7年から、医療法人立石医院として現在の形で診療しております。 バリアフリーはもとより、木、珪藻土、シラスの漆喰など自然素材を多用した診察室から、太陽熱の暖房など、高齢者の方から、新生児まで来院しやすい環境を心がけています。
車椅子での直接乗り入れも可能です。

  • 車椅子の必要な方はお申し出ください。
  • 近隣の内科、小児科はじめ、他科の先生方との連携を大切にしています。
  • 当院は、院内処方です。
    ジェネリック医薬品の使用にも積極的に取り組んでいます。
  • 漢方処方をはじめ、鍼灸師が常駐するなど、東洋医学も積極的に取り入れる工夫をしています。
  • 日帰り手術も行っております。

診療科目

耳鼻咽喉科 ・ 麻酔科 ・ 鍼灸詳細はコチラ

診察関連設備・感染対策

ファイバー                 X線撮影装置

PENTAX社製の最細径、電子内視鏡、を使用しています。極細のファイバーのお陰で耳内から、喉頭まで少ない刺激で観察できます。

先端はかなり細く、ここにCCDが入ってるんですね。

コダック社製のデジタルX線撮影装置を使用しています。DirectViewCR
付設のビュアーで、他院からの電子媒体も供覧が容易です

X線供覧装置           手術用顕微鏡

奥にある本体から診察台のビュアーに画像を送ります。

ツァイス社製(独)の手術用顕微鏡です。耳内の細かい処置もこれで行います。

エコー             貸出用車椅子

コニカミノルタ社の超音波診断装置です。

頸部の検査に使用します。

甲状腺のスクリーニング等、ご相談ください。


車椅子の必要な方はお申し出ください。


モニター 緊急蘇生

出番は多くありませんが、患者さんの状態把握のためのモニターの一つです。デンマーク B&K(Brüel & Kjær )の麻酔ガスモニターです。

多少レトロ?ですが、全く現役です!

社名を聞いて、えーっ?!と感じる人もいるのでは?そんなあなたは少しマニアですね?

AEDと共に、日本光電社製のDC除細動器を備えています。

感染対策

医療用消毒液と併せて、AP水を使用しています。

AP水は中性電解水のことです。食塩水を電気処理して精製されます。

殺菌の主成分は次亜塩素酸です。残留性はなく、あらゆる細菌やウイルスに対して強力な殺菌作用を持ちますが、人体には低刺激。粘膜や、傷口にも使用可能です。”水”が主成分ですので、環境への負荷がありません。

医院の風除室にポンプ式の AP水を置いてます。

自由にお使いください。

やや速乾性に乏しいですが、美肌効果?を期待して、残りはお顔に擦り込んでも可!ですよ(笑)     

  ※“美容”を積極的に手がけるクリニックさんでは、有料で配付しているところもあります。

複数のプラズマクラスター発生器を設置しています。
効果は当初半信半疑でしたが、カーテンなどの汚れ方が明らかに少なく、においなどの付き方も少なくなりました。

花粉症の時期に患者さんが、院内では症状が幾分楽だとおっしゃいますが、理由がありそうです。

機械の消毒は、高圧滅菌消毒器(オートクレーブ)を使用します。

Googlej四番に

www を検索 tateishi-ent-cl.com を検索

対応疾患

診療時間日祝
9:00~12:30


14:30~18:00







■・・・16:00~19:30 まで
▲・・・9:00~15:00まで
休診日/木曜午前・土曜午後・日曜日・祝日


スマートフォンサイトはQRコードを読み取ってアクセスしてください。