黄砂とPM2.5|大牟田市の耳鼻咽喉科立石医院

  • 0944543260
  • 【診療時間】
    月・火・水・金 9:00~12:30/14:30~18:00
    木 16:00~19:30 土 9:00~15:00
    【休診日】
    日曜/祝日

耳より情報

黄砂とPM2.5

耳より情報

「黄砂で調子が悪いです。」
「PM2.5で体調崩しました。」

調子の悪い人が多く、「そうですか…」と”包括的”に対応するところです。

良い話としては、黄砂や、PM2.5などは単独では健康被害への因果が明らかではないということです。

悪い話としては、花粉や、呼吸器に障害のある人は、黄砂やPM2.5が加わると健常な人に比べるとダメージがキツいのは間違いなさそうだ、というものです。

春の着る、霞の衣、ぬきを薄み、春風にこそ、乱るべらなり  在原業平

平安時代に読まれた和歌ですが、春にたくさんの黄砂が飛んでて、付近が霞んでいるけれど、低いところと、高いところの霞がたなびくようで、風流だ~と詠んだ歌です。(院長訳)
その昔から、春になると特にたくさん飛んでくる、黄砂は、中国は黄土大地の表土であり、大陸から作物のための養分を運んでくれる、農家としてはうれしい、天の恵みのハズでした。黄砂がたくさん飛んだ年は豊作だ、と喜ばれたものだそうです。

別に黄砂の味方ではありませんが、昔風雅とされた、天の恵み、春霞、の黄砂も時代とともに形無しだなと思います。

確かにこれだけ霞んでると、一応健康体な院長もなんだかダメージがあるような気がします。

…そういえばこの頃咳が止まりにくいような…ゴホゴホ…

その他のリンクはこちら

ページトップへ戻る