のどが痛いと耳までイタイ?

耳鼻科の日常診療で結構多い訴えです。

ノドが痛いと、耳まで痛くなることが有ります。

”じっとしてても痛い””飲み込むと響く”時々ズキッと響く”などなど
痛み方はさまざま、痛みを起こす病気もたくさんあります。

ノドが痛いと痛みが耳にまで響く病気の代表は”扁桃腺の炎症”ですが、詳しくは下に書きます。

耳に全く異常がなくて、痛みだけ!ということもよくあります。

頭(脳)から、神経が多数身体に降りてきますが、図のように、脳神経の10番目の神経の一部が、耳にきています。

耳の痛みの神経は基本は三叉神経ですが、そのほかの神経として、第Ⅹ脳神経(”Ⅹ”はローマ数字の”10”で、いわゆる”10番目の脳神経”;「迷走神経」のことです)が一部、また耳たぶの後部には”頚”からの神経も”枝”を出しています。

耳にきている神経は、ノドの他の神経と、ループ、ワナ、と呼ばれる、ネットワークを作って、いろんな場所と関連しあいます。

知覚として頸の神経、三叉神経、迷走神経、舌咽神経、他に聴神経、顔面神経…さまざまな神経が耳の周囲を行きかいます。

この結果ノドの痛みが、耳に響く事に限らず、身体のいろんなところが、調子悪くなることがあるわけです。

ご興味あれば、ご覧ください ⇒ヒトの脳神経は12対 

耳に体のツボが、集まっていて、ダイエットに良いとか、ダイエットのツボの隣は、食欲増進(肥満)のツボだとか色々な都市伝説も有りますが、耳にきているこの迷走神経(Ⅹ)は咽、喉頭、気管、肺、心臓、消化器と耳以外にもたくさんの臓器を”担当”してますので、この耳への刺激が、全身に影響を及ぼすことは、東洋医学だけでなく西洋医学の観点からも想像がつきます。

ただ、痛み以外の詳しい話は多少ややこしくなるので、詳細は別の機会にしたいと思います。

緊急な痛みの際の鎮痛剤の服用方法等はこちらをご覧ください。⇒痛み止めの話

…ところで

風邪は、内科ですか?耳鼻科?ですか?という質問は本当によくされます。

ノドも耳も痛いけど、中耳炎は起こしてないか?外耳に痛みの原因はないのか?は?扁桃腺(口蓋扁桃)は腫れてないのか?
風邪からきているのか?どうか?というときに、首から上のこれらがチェックできる、耳鼻咽喉科に相談するのはいい方法かもしれません。

大まかですが、咳やおなかの症状など首から下の症状が主な時は内科首から上は耳鼻科という考えは、良いかもしれません。

扁桃腺・ノドが痛いと耳まで痛い…(続き)

扁桃腺(口蓋扁桃)の外側付近には、ノドの神経がたくさん走っています。

喉が痛いはずなのに、飲み込むと、耳まで痛みが響いた、という経験はありませんか?

「ノドから耳に響く痛みの代表の病気」は、この「扁桃腺(口蓋扁桃)の炎症」です。

扁桃腺は、『被膜』と言われる、”殻”のような組織に、囲まれていますが、この外側に、迷走神経舌咽神経等咽の神経が有ります。

喉の炎症が、外側に広がるとこれらの神経が刺激されて「喉の炎症のハズなのに耳が痛い!」ということが起こります。

おおざっぱに、外耳炎、中耳炎は、ズキンズキンと持続する痛み、ズーッとイタイ…が多いのです.

「耳へ響く痛み」は、もちろんノドも痛いのですが、飲み込んだ時に、特にズキッと痛みが増強され耳にも響くというような、大まかですが特徴があります。

当然周囲に更に炎症が広がって、ひどくなると、痛みは連続性になり”悪化”します。

周囲に広がった炎症による痛みは、時に強烈で、食事はおろか、水や、つばも飲み込めなくなることが有ります。

そーなると、扁桃周囲炎扁桃周囲膿瘍(詳細は下へ)の併発も心配されます。

 ⇒『耳が痛くなる話』は他にもありますので、よろしければご覧ください。

このほか迷走神経由来の下喉頭神経の痛み、上喉頭神経の痛みなど、ノドの神経は複雑であり、稀な痛みの疾患も有ります。

痛みだけでは症状の判断は出来ないことも多いです。

痛みだけで判断せずに、詳細は耳鼻科など、専門医に相談しましょう。

扁桃腺の腫れ方(急性扁桃炎、そのほか)

急性扁桃炎の最初の腫れかたは、少し特徴があることが多いです。

なんだか体調がおかしいかな?と思ってから程なく、半日や一日程度でしょうか、ドン!熱や、痛みが出て、それも、結構強烈と言えるほどで、身動きがきつくなる。節々が痛くなることも有ります。

極端な書き方ですが、このような経過が珍しくありません。
医者も、症状だけ聞くと、”インフルエンザかな?”と思って咽をみて初めて、「あ、”扁桃腺”ですね…」

風邪の場合は、なんだか鼻の奥の方が、ノドチンコの裏側が怪しい…、熱はあるような、無いような、ゴハン食べるときはそんなに痛くなく、割合普通に食べれるが、ツバ飲んだときの方が、なぜか食事の時より痛い…。というふうにジワジワと攻めてくる感じでしょうか?

それと、風邪の場合は、その人それぞれによって、最初にやられる場所が決まっている?場合があります。
某CMの『あなたの風邪は、鼻から?ノドから?』のフレーズをよく引用させてもらいます。

風邪のウイルスは、何千種類もあって、喉や、鼻や、お腹や、耳や、あっちこっちに症状出すはずなのに、なぜかその人の風邪というのは、なんだか一定のパターンがあるのが不思議です。

「扁桃周囲炎」と「扁桃周囲膿瘍」

扁桃周囲炎

急性扁桃炎が、悪化して扁桃腺の”殻”を破って炎症が扁桃の周囲に広がりつつある状況です。

症状としては咽の強い痛み、嚥下時や、安静時の痛み、耳に響く痛み。口が開けにくくなる。しゃべりにくくなる。
食べたくても、飲み込めなくなる。等など。

熱は出る時と出ないときがあります。
風邪や、扁桃炎、咽頭炎が先に症状として有る場合が多く、肉体的、精神的なストレスが溜まっているとき(抵抗力が落ちているとき)等が要注意です。

扁桃周囲膿瘍(右記)への悪化が心配されます。

扁桃周囲膿瘍

左の、扁桃周囲炎が更に悪化したときに、扁桃の”殻”の外側に膿が貯まり出します。

痛みは更に増悪、体調もさらに悪化、食事はほとんど摂れなくなることが多いです。
耳に響く痛みもありますが、もはやそれどころでない体調の悪さ。
口は指一本空くのがやっと位になり、ツバも飲めなくなります。

処置、治療は結構、一刻を争う場合が多く、炎症としてはかなり重篤、深刻な部類、状況と言えます。

時に入院が必要で、排膿や点滴治療などの積極的な治療により至急改善を図る必要があります。

扁桃腺の兄弟たち


のどには左の絵のように、丸く輪を描くように、扁桃腺の兄弟のような、リンパ節の集まりがあります。

ワルダイエルの扁桃輪と呼ばれます)

外から眺めて見えるのはノドチンコの突き当りの、「リンパ小節」と、その両側の「口蓋扁桃」です。
※「口蓋扁桃」を一般的に『扁桃腺』と呼ぶことが多いです。

これ以外の、舌の根っこにあるものを「舌扁桃」
ノドチンコの裏側の、上の方にアデノイド;「咽頭扁桃」ともいいます。
のどと耳をつなぐ管周囲にある「耳管扁桃」などは口から直接見えない場所にあります。
※舌扁桃はノドが炎症を起こした時などは、たまに舌の奥に、腫れて見えることが有ります。
  「喉に何かできてます!!」と気にして、慌てて来院する方もいます。

風邪などの、いわゆる喉の炎症の際には、これらが多かれ少なかれ腫れて、いろいろな症状をあらわすのです。

腫れた、すなわち”敵”(ウイルスや、バイキン)と戦って大きくなっているのです、ある程度仕方のない部分があるのですが、もちろん熱発や、痛みが激しくなるようでしたら、治療が必要になります。

Googlej四番に

www を検索 tateishi-ent-cl.com を検索

対応疾患

診療時間日祝
9:00~12:30


14:30~18:00







■・・・16:00~19:30 まで
▲・・・9:00~15:00まで
休診日/木曜午前・土曜午後・日曜日・祝日


スマートフォンサイトはQRコードを読み取ってアクセスしてください。