Z601Modena 製作・試聴記

音工房Z Z601ーModena

普段使いにZ800はどうかな?と多少ポテンシャルに振り回される院長。
音工房ZさんのZ601ーModena(以下Modena)を購入してみる。

8cmのフルレンジユニットのダブルバスレフ型スピーカーユニット
完成時の写真。

音のいいことで評判のユニットです。いや、本当に素晴らしい!

音は後程、しっかり馴らしが終わって改めてインプレッション報告しますが、完了前から、既に極めつけのパフォーマンスの高さを感じています。

ペアで29,800円、大量生産が出来ない事情があります。

”自手”?製作が必要ですが、興味がある方、見つけたら 即買い!です。

材料はシンプル、スピーカーは音工房Zさんのオリジナルの8cm。

箱作りに必要不可欠な、クランプ。
これまた音工房さんのオリジナル、しかも良心的な逸品!
但し使いこなしに多少の”練習”は必要。

箱の直角出しは、とっても重要。

極めて精度の高いカット素材なので、結果が出たときは感動!
自作の醍醐味でもあるが、不器用院長が下手な作業。

手、足を駆使して、時に頭や、胸でクランプを固定しつつ、動かしつつ、締めつつ、緩めつつ…手がもう一本欲しい…。

調子に乗って締めすぎると、バキッ!とクランプに破滅の音が…、
あ、"箱"は全然大丈夫ですよ。

音道にフェルトを貼って、側板つけて、後はユニット取り付け。
完成まであと一歩、気を抜いてはいけません!

Z800-FW168HR(以下Z800)とのサイズ比較はこんな感じ。

Z800は総重量一台10Kgを超えるハイスペックユニット。
そのツイーターは、単体でも2.6Kgの『ハイエンド』の”ヘビー級”。

Modenaは総重量、一個で4Kgくらい。
8㎝のユニットはわずか600g位と”ライト級”

当家のスピーカーユニットの実働がここ半年ほどは、Z800でずっと通してきた院長の耳に届いた、Modenaの第一音の印象は、「あ、高音がきらめく…」。
小音量で駆動されるZ800では気づきにくかった、楽器をこするような音、微かな打楽器の音が音像に現れる。
エージングが完了したら、どんな音になるのだろうか。

誤解が生じるといけませんので、当たり前のことを、補足しておきます。
Z800の特にツイーターユニットはいくら優秀でも、明らかにヘビー級、セッティングもあるでしょうが、狭い我が家で思う存分にポテンシャルを発揮させるには、世間が気になる状況です。
いきおい、普段使いは最高級ユニットの美味しい領域に入らない、小音量で聞くわけです。

小音量で軽快に動くバスレフユニットで気づかされる音色が有ると再認識。
二機種は単純に比較するような機材ではなく、どっちがいいとか悪いの問題ではありません。

Modenaは我が家の、空白の領域を埋めてくれる格好の素材になってくれるはずです。

音工房Zの主幹、大山さんも仰るように、万能のユニットなんて存在しません。

F1で街中を走りまわれるはずは有りませんが、逆にサーキットならばレーシングカーが一番走りやすいのです。
院長が好きなのはWRCのラリーカーで、Z800はまさにそんなマシーンなのですが、わかりにくい例えで申し訳ありません。

今回、Modenaを購入して見えてくるモノもあれば、Z800のスゴさを改めて感じるものでも有ります。

このようなチャンス、選択肢を与えて頂いた、音工房Zさんに感謝です。

音工房Z Z601ーModena インプレッション

Modenaの最大入力は25Wに設定されています。

院長の好きなアコースティック系にジャストフィットではないかと色々、聴いてみました。
主な音楽ソースの一部は以下の通りです。
院長の嗜好が知れるかもしれませんが、いずれも好録音ですのでご参考までに。

オーディオの構成は アンプ;ソニーUDA1 プレーヤー;ZX1 スピーカー;Z601‐Modenaとシンプルな編成です。

或る意味、極めて”今時の構成”と言えるかもしれませんね。
音源はCDを一度PCで変換してFLACでZX1へダウンロード、再生はZX1からUSBでアンプに出力です。
※ソニーUDA1のインプレッションは⇒「音楽の事」欄をご参照ください。

ZX1から、UDA1への接続は、前面接続でこんな感じです。
但し、ハイレゾは後部のUSB(B端子)で接続ケーブルを介して接続します

USB端子接続で、なんだか大丈夫かな?と不思議な感じです…。
※後部にはピンジャックも有りますので、オリジナルのCD再生をCDプレーヤーも使って、ZX1に一度ダウンロードしたものと比較をしましたが、もちろん院長の耳では差は”ほとんど”分かりません。
UDA1の最大出力は、23Wです。
原音?の音量を考えて出力すると、おおまかボリュームで”3時”あたりの目盛相当ではないかと、この辺りの音量での試聴が中心となりました。

Modenaのポートの桟は一本だけ入れた状態です。

これくらいが院長の部屋では高音から中低音のつながりが一番しっくりするようです。
計測機器がないので、エラそうなことは言えません。あとで、音工房さんのレポートを読んでみて(スイマセン…製作前はほとんど読んでないで、作って、さんざん聴いた後にやっと読んでから)ああ、成程そういうことかぁ~なんて、勝手にひとりごちていました。

おなじみの「無伴奏チェロ組曲」ハイレゾの販売も有りますが、今回は通常CD版、それでも
サンプリング周波数は控え目ながら?88.2kHz  の生々しい好録音です。(MA Recordings)

MA Recordingsの「Further Attempt」ピアノ、ベース、パーカッションの3人編成。クリアかつ鮮烈な音色。録音もこだわりのワンポイントマイク使用のシンプルでしかも優秀録音CDです。

ラベルの「ピアノ協奏曲ト長調」アルゲリッチが超有名なこの曲ですが、新進気鋭の奏者のハイレゾ版で聴いてみました。結構スリリングな演奏と院長は思いました。専門家の意見は知りません(笑)

…で、実際の試聴は

音工房ZさんのHPに「Modenaの音は鮮度が高い」というフレーズがあって、「音の鮮度」ってどういう事よ?とあまりピンと来なくて、言葉だけ頭に残っていて、正直気にしていませんでしたが、もはや極めて納得の気分です。スイマセンでした。

エージングが進んで箱も乾燥してきたころでしょう。
高音がややマイルドになって、中低音では”箱”が一緒に鳴ってくれているような感覚です(あくまで”感覚”です(笑))
箱が鳴るというと、余分なことと喜ばない方もいるかもしれませんが、院長には極めて気持ちがいい”感覚”です。
バスレフの特性もあるのでしょう、クリアな音に加えて、抽象的ですが”生”っぽい感覚が得られます。
音楽情報の中で、予め意図された音なのかどうか分かりませんが、アンプや部屋、セッティングなどの試聴環境との相性も大きそうです
いつまでも聴き続けたくなる音です。

UDA1の音は非常に”素直”な再生をする印象なので、程よく”一生懸命”仕事している”3時ころ”のボリュームのエネルギーが、Modenaと相性がいいのだと、勝手に考えています。

勿論、単純なアコースティックなソースだけでなく、ラベルの「ピアノ協奏曲」のような、中編成のオーケストラのエネルギーも、クリアに余裕で再生してくれる、懐の深さも併せ持っています。

8畳ほどの、鉄骨造り、それほどブーミーにならないけれど、結構荷物がごちゃごちゃしている院長の試聴環境。
一般的な、住居環境でよくある状況に極めて適合したセッティング、ではないかと思った院長でした。

Googlej四番に

www を検索 tateishi-ent-cl.com を検索

対応疾患

診療時間日祝
9:00~12:30


14:30~18:00







■・・・16:00~19:30 まで
▲・・・9:00~15:00まで
休診日/木曜午前・土曜午後・日曜日・祝日


スマートフォンサイトはQRコードを読み取ってアクセスしてください。