MA Recordings

良いCD(音源)にめぐりあいたい

ナチュラルなサウンドが、好きな院長は、偶然タッドガーファンクル;Todd Garfinkleという人を知りました。 ピアニストで日本滞在の長いマルチタレントな彼は「MA Recordings」を立ち上げてコアなCDをリリースしています。

このレーベルの特徴は、当初から音質がいい!ということと合わせて、レコーディングがいい!と表現されてきた事で、院長のリファレンスCDも結構あります。

リリースの多くは ONE POINT STEREO RECORDING と称される二本のマイクロフォンのみで録音されています。
サンプリング周波数も96 kHzは当たり前で、状況によっては176.4kHz使用するというこだわりぶりです。(下の「サンプリング周波数」参照)
ハイレゾなんぞ名前も聞いたこともない頃から、先見の明というものでしょうか。
しかしそんな、音にこだわるこの会社も、SACDに関しては、リリースが無いわけではないのですが、多くは出していません。
穿って考えると、本来のCDで突き詰めていけばかなりの音質が確保できると判断しているのでしょうか?

事実、このレーベルは”普通”のCDでも十分高音質、好録音で、JAZZを中心として、多くのジャンルが、そのままリファレンスにもなりうる良い録音と思います。試聴もできるので、音楽好きにはなかなか魅力的なサイトと思います。

新しいCDの封を切るときはいつもワクワクします。

いい音楽をたくさん聴きたいと常々思うのですが、自分の好きなジャンルを広げるのは結構難しいです。
音(録音)がいいから,レビューで点数高かったからだけでは当たりはずれも多いモノです。
また、名作だからと何回も聞けるかと言えばそう簡単でもありません。

あるJAZZ初心者(いまでもそうである院長)は、ある方からマイルスデイビスのこのCDは名品中の名品で入門者用にも(わかる人はこのコメントだけでだいたいどのCDかわかるはず…)絶対イイよ!と言われましたが、何度聞いても最後まで集中出来ません。

私、昔っからこんなです、ゴメンナサイ…。

やはりよいCDとの出会いは偶然の要素は否定できないですね…ってそんなオチ?

MA Recordings のもう一つの象徴的なロゴが漢字の「間」。

日本通のタッドガーファンクルが、この漢字のもつ”意味”に共感して採用したとか。

院長はジャズは詳しくないのですが、このレーベルからリリースしているミュージシャンを見ると、どうもかなり知る人ぞ知る方々が多いようです。

レーベル中の音楽のジャンルは多彩、日本のamazonで手に入るものも結構ありますので、皆さん”ウォーリーを探せ”的にご自分のお気に入りを探してみませんか?    

…ところで

MA recordings からもハイレゾの販売が始まってます。
元来の録音スペックが高いことが分かっているレーベルなので、結構期待するところです。

海外からの購入になるので、院長には食わず嫌いにハードル高いのと、価格がちょっと高めですね。
DVD一枚で50$くらいのようです。

いずれレポート予定です。                                        2015-02-08

サンプリング周波数

 CD等の音楽媒体を作成するときに、原音を標本化する際に使用される周波数を言います。
通常CDでは44.1kHZ/16bitという規格が使用されますが、当然これはCDの録音帯域に関係してきます。
ダイナミックレンジではビット数の6倍に相当しますので16×6=96dbということになります

一般的にはサンプリング周波数が大きいほど高精細な録音が可能になり、ダイナミックレンジが大きいほど音にメリハリが生じる”理屈”ですが、音楽の世界でも高精細イコール高音質では無い事がややこしい。

…で、サンプリング周波数の半分が録音可能な最高周波数に相当しますので44.1KHzすなわち44100Hzの約半分である、2万HzまでがCDの再生可能な周波数帯域になります。これは人間の可聴帯域の最高周波数に相当します。

CD出現当時、サンプリング周波数が、実に中途半端なこの値に決定されたのは当時のVTRの録音形式に依拠しているのは有名な事実ですが、奇しくも人間の可聴帯域に合っている?という意味合いではこれで十分と判断されたのでしょうか。

じゃあ、176.4kHzのサンプリング周波数は8万Hzまで再生できるかって?理屈はそうですが、残念!信号処理はまだそれほど進んでなく、人間の可聴域は2万Hz位なので、そこいらは「空気感」と呼ばれる、ややあいまいな(でも大事な)感覚つくりに必要な領域と考えられます。

前述の「MA recordings」 は高いサンプリング周波数を、緻密な臨場感のある音質を作り上げる手段の一つとして通常のCD作成にも採用しているといえるでしょうか。

ちなみに、現在配信されている、ハイレゾのハイエンド音源は196kHz/24bit のスペックなのでダイナミックレンジならば計算上144dbまで再生可能、ジェットエンジンの爆音の10倍以上!に相当する音圧の再生が可能なのですが、机上の空論としても、こんなのまともに本気で再生できるのだったら、効率のいいスピーカーは用心しないと、一発で飛びますね…。

Googlej四番に

www を検索 tateishi-ent-cl.com を検索

対応疾患

診療時間日祝
9:00~12:30


14:30~18:00







■・・・16:00~19:30 まで
▲・・・9:00~15:00まで
休診日/木曜午前・土曜午後・日曜日・祝日


スマートフォンサイトはQRコードを読み取ってアクセスしてください。