土用干し|大牟田市の耳鼻咽喉科立石医院

  • 0944543260
  • 【診療時間】
    月・火・水・金 9:00~12:30/14:30~18:00
    木 16:00~19:30 土 9:00~15:00
    【休診日】
    日曜/祝日

院長日記

土用干し

院長日記

「七折れ」の梅干

6月から、約一か月漬け込んでいた梅干を干す時期です。

「梅雨明け十日」の晴天を期待して、短期間で干しあげます。昔から干すのは「三日三晩」と言われますが、今回は小梅、中梅ですので、二日で干し上りとしました。

小梅は「七折れ」大梅は「南高梅」が有名ですね。
今年は「つくみ」「葵」「美咲」などの”中梅”と呼ばれる種類を試しました。
いずれも、大分の梅園さんのオリジナルの品種でそれぞれ特徴があり、出来上がりが楽しみです。
大きさ、酸味、皮厚、熟度、紫蘇、塩分、糖分など、毎年違うのでしょう、同じ味は二度とありません。

主なレシピは、塩分10%で紫蘇は多めに、が決まりくらいでしょうか。

「本格的」な梅干は、塩分が16~18%有りますので、当家の作品は塩分がマイルドな味わいです。
要所での消毒と梅の取扱いには気を付けますが、今のところ完成品を常温で放置しても、この塩分でカビたことは有りません。

おまけ

梅干の酸味の主成分は『クエン酸』です。
お酢の酸味は『酢酸』ですね。
どちらも『酸』なのに、体に入ると分解されて体内をアルカリ側に調節するため、健康に良いとされるわけです。

お酢を使った料理は、滋養豊富で夏バテにも最適です。

二つの酸の違いは、酢酸が揮発(蒸発)するのに対して、クエン酸は揮発しないので、酸度が変わりにくいことがあります。
酢豚など、お酢を使った熱い料理でむせることがあるのは、気化した酢酸を吸い込むからです。

尚、『梅干しを入れた弁当は悪くならない(腐らない)』は迷信です。

梅干しの接触しているところだけは、大丈夫かもしれませんが、弁当丸ごとは無理ですので、ご用心を。

その他のリンクはこちら

ページトップへ戻る