「耳の痛い」話|大牟田市の耳鼻咽喉科立石医院

  • 0944543260
  • 【診療時間】
    月・火・水・金 9:00~12:30/14:30~18:00
    木 16:00~19:30 土 9:00~15:00
    【休診日】
    日曜/祝日

院長日記

「耳の痛い」話

院長日記

耳はなんともないのに、耳が痛くなることが結構あります。

鍼灸で耳の後ろに『翳風』というツボがあります。

翳風(えいふう)とよみます

耳たぶの後ろ、を触ってやや下の方で、下あごの骨がふれる、くぼんだ所です。
聴力や、顔面神経の病気の治療に用いられます。

ご存知のように、耳は体中のツボが集まっている、ともいわれます。
「耳ツボ○○…」とかという言葉はみなさん聞いたことが有るでしょう。

脳から、大事な神経が、12本出ていますが、このうちの多くが、この『翳風』付近に”枝”を出しています。
これ以外にも、例えば、肩が凝ったり、首が痛かったりすると、筋肉や骨の神経同士が信号を受け取りあって、一本の神経から周囲の神経に痛みの信号が広がって伝わり、なんだか耳が痛い…となることが結構有ります

解剖学的にも、かなり複雑な神経の走行がこの付近にはあります。

もちろん、中耳炎、外耳炎、顔面神経麻痺、ヘルペスなど、耳の領域そのものの原因による痛みも多いです。

耳はよく聞こえるし、患者さん本人としては耳の働きは何ともなさそうなのに、『耳が痛い』というときは、耳以外の周囲から、神経に響いているということも考えらるわけです。

その他のリンクはこちら

ページトップへ戻る