救急の日|大牟田市の耳鼻咽喉科立石医院

  • 0944543260
  • 【診療時間】
    月・火・水・金 9:00~12:30/14:30~18:00
    木 16:00~19:30 土 9:00~15:00
    【休診日】
    日曜/祝日

院長日記

救急の日

院長日記

九月九日はごろ合わせで、『救急の日』、九月一日は『防災の日』なので、九月は”防災強化月間”です。

院長は自分の救急セットをチェックしました。

このほか、DCショック、AED、モニター類
品数、品ぞろえ、使用期限、破損等など、一年はあっという間で、細かなチェックは大事です。

当然、各医療機関で、品ぞろえは違うと思います。

診療科、患者さんの年齢層、疾患別、はては医師の癖、得意分野、好みなどなど、影響するファクターは数限りないでしょうし、同じ救急セットの内容はありえないと思います。

院長のセットも、毎年少しずつですが変化してきています。
麻酔科で耳鼻咽喉科医の当院のセットは大まか以下の通りです。

具体的な内容は別記(救急セット)しましたので、興味のある方は、ご覧下さい。

内容は偏ってるなーと思われるかもしれませんが、ご容赦ください。

救急セット;重量     7kg
品目   約50種類
述べ品数  160点

セットは外観こんな感じです。お守りは飛騨の「さるぼぼ」

開けるとこんな…

広げるとこんな感じです…、ゴチャーッ?いえいえ、選ばれし精鋭たち?

毎回のお約束で、開けて出してチェックして戻そうとすると、入んねぇー、戻んねー、とパズル状態。
院長は、毎週麻酔に従事してますので、内容のチェック、管理、補充はやっている方かもしれませんが、そうでない方は、結構大変と思います。

物品の数年の”賞味期限”なんてあっという間です。

薬剤、注射器、AEDのパッド、電池、長くても数年で期限切れになりますし、電池は必ず消耗します。
AEDは電池切れは大きな音でわめいてくれますが…。

購入したはいいが、大事な時に役に立たないという、ありがたくないお約束が起こりがちです。
気を引き締める意味でも、9月は良い月間です!

その他のリンクはこちら

ページトップへ戻る