ピクサス|大牟田市の耳鼻咽喉科立石医院

  • 0944543260
  • 【診療時間】
    月・火・水・金 9:00~12:30/14:30~18:00
    木 16:00~19:30 土 9:00~15:00
    【休診日】
    日曜/祝日

院長日記

ピクサス

院長日記

院長のプリンターが、とうとうダウン、12年間、よー頑張りました!

丸みを帯びたというか1/4円型の「990i」というタイプ。
インクジェットの比較的最初の方かな、2003年の製品です。

光沢紙に印刷された写真の再現性のリアルさに、さすがカメラメーカー!と、いたく感激した事が購入のきっかけでしたが、まあ…ピコはともかく、当初の印刷は耐光性が弱く、みるみる退色してゆくのは、顔料でない染料インクの宿命でご愛嬌。

しかし、いくら構造がシンプルとはいえ、二年程度ホコリ被っていて、いざというときにすぐ作動!…ほとんどメンテせずに、思えばヒドイ使い方したもんだと、可哀そがりつつ、印刷品質も信頼性もすごかったなと、いまさらながらに感心しきりの院長です。
…ところで

キャノンのインクジェット技術(BJ)のキモは『染料』インクと”Pico”(ピコ)テクノロジーです(と思っています)。

”ピコ”はご存知の様に数量の単位で(10のマイナス12乗)インクの量では、1Picoℓ=0.000000000001ℓ です。
千分の一が『ミリ』100万分の一が『マイクロ』10億分の一が『ナノ』一兆分の一が『ピコ』です。

ナノテクノロジーを千倍凌駕する”ピコテク”!…なんかゴロが迫力ないですかね?

このピコリットル単位のインク量の『正確な』制御が精細な印刷を可能にしており、このノウハウはいまでも日本の独壇場といえます。

当時はその単位の小ささ『正確さ』に感動、かつ圧倒されたものですが、意外とみんな驚かないなあ?と思い当たれば、いまや国の借金が、一千兆円(10の15乗)越えて次の単位”京”が直ぐじゃねーか!の状況ですからしょーが無い?…フフフフフ…(ブラック笑い…)

その他のリンクはこちら

ページトップへ戻る