念ずれば通じた?|大牟田市の耳鼻咽喉科立石医院

  • 0944543260
  • 【診療時間】
    月・火・水・金 9:00~12:30/14:30~18:00
    木 16:00~19:30 土 9:00~15:00
    【休診日】
    日曜/祝日

院長日記

念ずれば通じた?

院長日記

(※写真はイメージです。)

11月22日(日)に懲りずに玄界灘にジギングに出かけました。

前回と同じく遊漁船『優』でした

天候はくもり、海上は大分波が有りました。
皆さんポツリポツリと釣果を出す午前中、院長は二回バラシて釣れず。

波も高く酔いかけて、ああ…またボウズか…、と気力も体力も萎えつつありましたが、ナント!午後2時ごろから連続でヒットしだしました。

終了間際には20キロほどのマグロ(ヨコワ)まで釣ってしまいました。

写真は久しぶりの青物に、はしゃいでしまった院長ですが、結果何年かぶりの好釣果に、うれしさよりも、不気味を感じてしまいました。

帰りがけに見透かしたような船長の一言。

『…先生、事故、気を付けて…』

確かに、なんだか家が遠かった帰路です。

…オマケ

20kgはサンデーアングラーの院長には最大魚で、解体は難航を極めました(笑)

ユーチューブを参考にマグロと顔を見合わせながら、悩みながらバラしてゆきました。
特に頭の解体には、写真のように鉈(ナタ)が活躍。
幾ら切れ味が良くとも、通常の包丁では、いくら叩きつけても文字通り全く歯が立ちません。
重さで切る!デカイ出刃包丁の必要性を感じた瞬間ですが、当家にそのようなものが有るはずもなく、やや錆びついたナタの出番です。

船長のアドバイスもらって、”柵”の扱いには気を配りましたが、6人家族が一週間で食べきれないほどのなんとも有難い恵みでした。

…で、数ある料理の中でも特に好評だったのが、”兜焼き”マグロの頭の焼き物でした。
ナタで半分にかち割って、塩ふってオーブンで焼いただけなのですが、皆で骨以外は皮までむしって食べ尽くしました。

その他のリンクはこちら

ページトップへ戻る