音工房Z505-Trento製作 その②|大牟田市の耳鼻咽喉科立石医院

  • 0944543260
  • 【診療時間】
    月・火・水・金 9:00~12:30/14:30~18:00
    木 16:00~19:30 土 9:00~15:00
    【休診日】
    日曜/祝日

オーディオ・音楽関係

音工房Z505-Trento製作 その②

オーディオ・音楽関係院長日記

梱包には部材の一覧と簡単で詳細な?組み立て説明が附属しますが、購入者はHPで40Pに及ぶ写真入りの更に詳細な製作レポートが入手できますので安心です。

院長のこれまでの音工房Zさんのスピーカーとは別格にエンクロージャーがデカイので、中途半端に広げたままだと、取り散らかして、仕舞っておく場所にも困ることになるでしょう。

製作日数を二日と勝手に決めて、3月2日(土)と3日(日)で”挑み”ます(笑)

夕方、診療後の処置室、3畳ほどのスペースに段ボールを敷いて保護のクッションにします。
仮組の様子ですが、ダボも打って組みます。
音工房さんの部材は精度の高さ故、サイズや加工が原因でトラブッたことはなく、ダボ付のものは仮組しただけで持ち運びが可能なほどです。

しかし精度が良すぎて、打ち込んだダボが、錐などの”ヤワ”な道具では抜けないことが有りますのでペンチで引っ込ぬくことは結構多く、先端がプラスチックのペンチは重宝します

 

 

最初が、いきなり最大の関門です。

天板、地板と両側板を一気に接着する必要があります。
推奨のタイトボンドは接着力が強く、接着時間も短くて、乾いた後に削ることも可能なのですが、製作に慣れていない者にとってはモタモタしているうちに固まりだして、仕上げに影響を与えかねない代物でも有ります。

10分程度で固まりだしますので、勝負時間は数分程度の印象です。

 

 

この、わずかな数分のうちに…
天板、地板の片方に接着剤塗る⇒ブラシで広げる⇒ダボ穴確認⇒ダボ打ち込み⇒天板、地板取り付け⇒反対側にも接着剤…⇒ブラシで広げて⇒ダボ穴確認⇒ダボ打ち込み⇒反対側の側板取り付け⇒クランプ掛け⇒締め付け…
院長には書いててビックリの作業の多さです!

横幅はZ203クランプは一番外の切込みをギリギリ使うサイズです。
幸か不幸か、ここは止めが無いので、留め具が外れやすい(つけ易い)ので、院長は写真のようにガムテープで留めて外れないようにしています。
やり直しは効きません(黒笑い)ので、手順を事前にしっかり予習して、クランプかけまで仮組で予行演習してのぞみます。

大汗かいて、ヤッター、出来たーと、二台目の接着からクランプ掛けまで終わった院長の目に飛び込んできたのは、天板と、地板に打ってある間違い防止のための”天””地”の打刻が前後逆に付いている景色でした。(写真の左側天板の手前側に小さく見えるヤツ)

あれ?!…えっ!…うそ、うそ!!!です。

一台は確かに打刻が同じ方向で一致していますが、もう一台はなぜか互い違いになっています!
焦ったのなんの…今度は脂汗と冷たい汗同時にかきながらクランプ外して、震える手で引っ張りますが、もうビクともしません。
…ヤッちゃったヨ…、もう終わった?でもなんで組めたの?仮組の時どんなだったっけ…

…どうしよう…、なかば茫然とHPの『製作レポート』をボンヤリ眺めていると「天板、地板の前後は関係ありません…云々」
え??、じゃ打刻の向きは?…?セーフ?!、二度びっくりの脱力と、安堵

気を取り直して、前後の側板を合わせてみると、あれ不思議…

改めて精度の良さと、汎用性の広さ、融通無碍さに感心しながら、自分のオッチョコチョイさに恥じ入りました。

…もう、こんな後は怖いものは有りません!(嘘です)

…オマケ(備忘録)

院長はクランプかけの時に段ボール箱の上でやります。
クランプが一つ倒れるとこれを戻しているうちに他のが倒れてと、収拾がつかなくなるので、ガムテープ等で軽く固定できるのと、高さが幾分稼げるので、腰、膝の弱い院長にはメリット大です。

ア〇ゾンの段ボールは薄めなので少し安定感に欠けました。
少し重めの商品の入った段ボールが丈夫で安定するようです。

 

 

最初、このやり方をすっかり忘れていて、このダンボール箱はなんで、こんなところに一緒に置いてあるんだ?と思ってしまいました。

 

備忘録で書いている意味もありますので…、もう一つ。

鬼目ナットをねじ込むときは、最初は写真のようにドライバーに装着できるヘキサゴンで直角を出してやると、最初からL字型の六角レンチで回すよりも、力が入りやすくて、正確さが増します。(のような気がします!)

バーチベニヤは表面が柔らかいのでうまくいきました。
パーチクルボードの場合はどうでしょうか…。

 

 

 

 

その③につづく

 

 

 

その他のリンクはこちら

ページトップへ戻る